次なるスイーツブームの大本命!バスク地方発の「チーズアイス」で話題の店

バスクチーズケーキのブームの火付け役として知られる、白金の『GAZTA』が新店をオープン。

チーズスイーツ専門店の『CASA DE GAZTA(カーサ デ ガスタ)』だ。

バスク地方ゲタリアで愛されているチーズアイスを中心に提供し、現地の味を再現すべく、専用チーズを開発するこだわりよう。

この一軒が、きっと新たなるスイーツブームを巻き起こす!



※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

艶々のアイスの酸味の効いた、さっぱりとした味わいがクセになる

北海道の『美瑛放牧酪農場』で専用フロマージュブランを作り、それを使った「ゲタリアイス」750円


日本にバスクチーズケーキを広めた白金の『GAZTA』が、2軒隣に『CASA DE GAZTA』をオープンした。

新店は、バスク地方ゲタリアで愛されているチーズアイスを中心とするチーズスイーツ専門店。

もともと、シェフパティシエの戸谷尚弘さんはフレンチ・バスクで研さんを積み、その期間に名店『エルカノ』で食べたチーズアイスに衝撃を受けた。

そこでシェフに教えてもらったレシピを再現したのが、今回の看板商品「ゲタリアイス」だ。

現地の味を再現するために、北海道の牧場の協力を得て専用チーズを開発。

コクと酸味が絶妙なチーズアイスは、新たなブームを起こすだろう。


『エルカノ』がカレイの炭火焼きの名店のため、特注の型で焼いたチーズ風味の「バスクレーヌ」1個380円。


バスクの港町発のチーズアイスを提供するゆえ、店の細部がマリンテイスト。

床には魚が描かれている。



「きっと、次なるスイーツブームの本命はチーズアイスだ!」

そう確信させられるほど、極上で、忘れられない美味しさである!


チーズが香る生地と『GAZTA』のチーズクリームを使った「苺のチーズショートケーキ」620円。


▶このほか:おしゃれ女子会の新たな切り札!表参道女子が「海外気分に浸れる♡」とゾッコンな新店

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/12 5:01
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます