問題提起で終わらずにその先を描きたいと『由宇子の天秤』春本雄二郎監督が語る

拡大画像を見る

一度過ちを犯したら過度に煽られ、徹底的に叩き潰される現代社会。その歪みから新たに生まれてしまう事実の変容と隠蔽を描いた『由宇子の天秤』が9月17日(金)から公開されます。脚本も担当した春本雄二郎監督に作品への思いやキャストについてお話をうかがいました。

<作品概要>

女子高生いじめ自殺事件の真相を追うドキュメンタリーディレクターの由宇子が父から衝撃の事実を聞き、究極の選択を迫られることになる。

監督・脚本は、デビュー作『かぞくへ』が高く評価される春本雄二郎。超情報化社会を生きる私たちが抱える問題や矛盾を真正面から炙り出した。

長編アニメーション『この世界の(さらに いくつもの)片隅に』の片渕須直がプロデューサーとして参加している。

主人公の由宇子を演じるのは、『火口のふたり』でキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞に輝き、本作でラス・パルマス国際映画祭最優秀女優賞に輝いた瀧内公美。

シリアスな役もコミカルな役もこなすバイプレーヤーとして知られる光石研、『佐々木、イン、マイマイン』の河合優実、『かぞくへ』の梅田誠弘が脇を固める。

<あらすじ>

3年前に起きた女子高生いじめ自殺事件を追うドキュメンタリーディレクターの由宇子(瀧内公美)は、テレビ局の方針と対立を繰り返しながらも事件の真相に迫りつつあった。そんな時、学習塾を経営する父・政志(光石研)から思いもよらぬ〝衝撃の事実〞を聞かされる。大切なものを守りたい。しかしそれは同時に自分の「正義」を揺るがすことになる。果たして「〝正しさ〞とは何なのか?」。真実を明らかにしたいという信念に突き動かされてきた由宇子は、究極の選択を迫られる。

ドキュメンタリーディレクターとしての自分と、一人の人間としての自分。その狭間で激しく揺れ動き、迷い苦しみながらもドキュメンタリーを世に送り出すべく突き進む由宇子。彼女を最後に待ち受けていたものとは?

脚本を何度もアップデートして深みと厚みが出た

――女子高生いじめ自殺事件の真相を追うドキュメンタリーディレクターが自分の父親から衝撃の事実を聞き、究極の選択を迫られることになる。本作は見終わってすぐには感想が言えない深い内容で、いろいろと考えさせられました。着想を得るきっかけはどんなことだったのでしょうか。

助監督を2005年から延べ12年間やりましたが、表現者として1本も映画を作っていなかったのが不安でした。そこで自分の映画を作るために助監督をお休みして脚本を書いたのです。35歳の年だった2014年6月でした。

その頃、ある小学校のいじめ自殺事件のニュースで、加害者家族と同姓同名だけれど赤の他人の男性がネット上で攻撃されているのを見たのです。自分があるとき突然、自宅や顔写真を公開される世の中ってめちゃくちゃ怖い。なぜ、こういう風に石を投げる人たちが出てきてしまうのか。これを自分の1本目の映画のテーマにしようと脚本を書きあげたのです。

しかし、テーマとして扱いきれるか不安がありました。そこで肩慣らしとして『かぞくへ』という作品を撮ったのです。それが第29回東京国際映画祭に公式出品され、結果を出すことができたので、2018年に同じ撮影スタッフで本格的に動き出しました。

脚本の一稿目は加害者家族の扱われ方に光をあてたストーリーでしたが、何度もアップデートしました。そういう作品がその頃にかなりたくさん出てきたので、これでは自分が作る意味が薄れてしまうと思ったのです。加害者家族が石を投げられる社会ではどのような弊害が出てくるのか。本来出てくるはずだった事実が隠蔽され、やがて変容し、私たちが知るべきだったことが分からない状態になってしまう。問題提起で終わらずに、その先を描きたい。加害者家族を扱っていた内容から変えていきました。

©2020 映画工房春組 合同会社

――ストーリーはかなり変わったのですね。

そうですね。だいぶ深くなり、厚みが出ました。社会の構造を描くには、いろんな要素を描かなくてはいけません。1つの問題が起きる原因となる要素は周りにたくさんあり、それらは相関関係にあるのです。だから人物の数が増えるし、それぞれの人物が抱える背景も増える。その分だけ扱う社会問題も増えるということです。

主人公がドキュメンタリーディレクターという設定は変わっていません。社会の闇に光をあてることが正しいと思っている人間の正しさが揺らいでしまう。「石を投げること(また、それに等しいこと)が正しい」と思っていた人たちが、石を投げられるかもしれない立場になる。そうなったときにどう振る舞うのか。そこに対する想像力が私たちには必要であることを疑似体験させたいというのがこの作品の狙いなのです。

©2020 映画工房春組 合同会社

まず芝居として頭に浮かび、それを言語化する

――監督が書かれる脚本には演出まで細かく書かれているそうですね。

最初から芝居が頭に浮かんでいるので、その芝居を言語化して書いています。俳優部には脚本を読んで私がやりたいことをイメージとして共有した上で自分の考えを出してもらう。その際、ストライクゾーンのど真ん中に投げてこなくてもいい。外角ギリギリでも、内角ギリギリでもいい。むしろ、なるべく変化球を投げてほしい。その引き出し、球種が俳優の個性で、僕はそれを求めています。

ですから、僕が求めているストライクゾーンに入らない球を投げてきたら、直しを要求します。それは演出意図を外れることになり、そのシーンで表現したいことが表現できなくなってしまいますから。「それはボールだよ、ストライクはこっちだよ」と言わないといけないときは辛いですね。

©2020 映画工房春組 合同会社

――主人公の由宇子を演じた瀧内公美さんは監督の『かぞくへ』を見て、監督と仕事がしたいと自ら申し出たと聞きました。

それを聞いたときはプロフィールしかもらっていなくて、この方がどういう女優なのか、まったく知らなかったのです。自宅でプロフィールを読み、『彼女の人生は間違いじゃない』を見ました。震災でダメージを受け、生活のために東京に出て、体を切り売りして、日銭を稼ぐ。けっして簡単ではない役だと思いますが、それを熱演されているのを見て、こういう役をやり切れる俳優なんだと自分の中で1つ彼女を心の中に留め置く材料になりました。

©2020 映画工房春組 合同会社

俳優には同じ表現者としてどう表現するのかを考えてほしい

――本作は俳優部の多くが監督のワークショップに参加した人だと伺いました。由宇子が気に掛けた女子高生の小畑萌を演じた河合優実さんもワークショップに参加して、素晴らしくて即決したそうですが、具体的にはどんなところが魅力だったのでしょうか。

彼女は子どもの頃から絵を描き、ミュージカルを作り、いろんな表現をしているので、人に何かを伝える表現とは何なのかを理解しています。脚本を読んで、彼女が解釈した萌像を体現されたときに、僕はそれに対して文句をつけるところがありませんでした。とてもよかったです。

©2020 映画工房春組 合同会社

――河合さんとは役作りについて話をしなくても、そのまま撮影に入れたのですね。

萌がなぜ、そのような状況に陥ったのかという、肝となる部分だけは話をしましたが、それ以外は深い話をあえてしないようにしました。私が限定的な言葉を与えてしまうことで、彼女の想像の広がりを一元的にしてしまい、膨らみを潰してしまうことになりかねないからです。

河合さんに対してだけでなく、僕は役者に対して、よほど迷っている部分以外は話をするべきでないと思っています。僕の答えを役者になぞらせてしまった瞬間、芝居がとてもつまらないものになるのです。

俳優部には自分で解釈をしてほしい。同じ表現者として、この作品を自分がどう表現するのかを考えることが大事なのです。

©2020 映画工房春組 合同会社

――河合さんが「おっ! こういう風に考えてきたか」というシーンはありましたか。

由宇子が作ってくれたおじやを食べるシーンですね。最初は半信半疑だった萌の中に複雑な感情の変化が起こり、由宇子に対する心の壁が少しずつなくなっていく。言葉で形容すると安っぽくなってしまうのですが、絶妙な間合いや視線の動き、口調、すべてパーフェクトだったと思います。

頼もしかった光石研さんの存在と演技

――由宇子の父親役の光石研さんはシリアスな役もコミカルな役も演じられるバイプレーヤーとして知られている方ですが、いかがでしたか。

僕が難しいだろうなと思っていたシチュエーションに対して、僕の不安を察知したのでしょうね、光石さんから先に自分なりの見解を示してくれました。それが的を射ていたのです。すっかり安心しました。

芝居って呼吸なんですよ。ひとりでできるものではない。光石さんはちゃんと呼吸ができる人なんです。相手が呼吸できない人であっても、何とか呼吸をしてもらえるようにいろんな球を投げてくれる。それが頼もしかったし、ありがたかった。

しかも主張し過ぎず、作品の一部に徹してくださるところが素晴らしいですね。政志を光石さんにキャスティングして本当によかったと思います。

©2020 映画工房春組 合同会社

――特にこのシーンがよかったというのはどちらですか。

由宇子に携帯電話のカメラを突き付けられるシーンですね。あそこは政志がやってはいけないことをやってしまったという説得力が出ないといけません。表情や間をやり過ぎるとあざとくなってしまうシーンですが、そこを本当に追い詰められたときのギリギリのラインでやってくださったと思います。

自分の基準に照らすと「もっとできたんじゃないか」

――完成した作品をご覧になっていかがでしたか。

2020年3月にとりあえず編集が終わり、0号試写を僕とプロデューサーの松島(哲也)とカメラマンの野口(健司)、ラインプロデューサーの深澤(知)、私のよき理解者である梅田誠弘で見ました。このメンバーは内側の人間なので、試写を終えた直後の時点ではまだ作品に対して客観的な意見がすぐに出てこない状態でした。

その後、映画の制作に関わっていない、心を許せる周りの人たちに見てもらったところ、「素晴らしい」と言ってもらいました。ただ、自分自身の良きものの基準と他人のそれは基準は違います。自分の基準に照らすと「まだまだ改善点はあるし、もっとできたんじゃないか」と思っています。

©2020 映画工房春組 合同会社

――次の作品ではもっと上を目指すわけですね。

映画は1作、1作でテーマも手法も違うわけですから、比べられるものではないと思いますが、この作品でやりきれなかった技術的なことや表現の洗練さは高めていきたいと思います。

(取材・文:ほりきみき)

©2020 映画工房春組 合同会社

<プロフィール>

監督・脚本・編集・プロデューサー:春本雄二郎

©2020 映画工房春組 合同会社

1978年12月3日生まれ。神戸市出身。
日本大学芸術学部映画学科卒業後、映画やドラマの現場で10年間演出部として働くも、現在の日本の商業スタイルでは自分の理想とする表現はできないと判断し、独立映画製作の道を選ぶ。自身で脚本・プロデュースした初監督長編映画『かぞくへ』(2016)は、第29回東京国際映画祭に公式出品され、フランスで開催された第23回ヴズール国際アジア映画祭では、NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)など3冠を受賞。ドイツ、オランダ、ポーランド、韓国の映画祭でも上映され、2018年に全国公開される。2019年、第33回高崎映画祭にて新進監督グランプリを受賞。
2018年に、独立映画製作団体『映画工房春組』を立ち上げ、「映画監督と市民が直につながった映画製作」を掲げ、活動をスタート。
2019年、「かぞくへ」製作以前から執筆・完成していた脚本『由宇子の天秤』を映画化するため、再び自身でプロデューサーとなり、映画監督の片渕須直と松島哲也からの支援を受けながら、製作資金、スタッフ、キャストを集め、同年12月に撮影。
2020年に完成した同作は、世界三大映画祭の1つ、第71回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門にノミネートされる。同映画祭のアーティスティック・ディレクター、カルロ・シャトリアンからは「才能があり、映画製作について極めてクリアな考えを持った監督だ」と評される。
さらに韓国で開催されるアジア最大かつ唯一のメジャー国際映画祭、第25回釜山国際映画祭、コンペティション部門で日本人として12年ぶり、史上3人目となる最高賞・ニューカレンツアワードを受賞。また、中国の世界的映画監督ジャ・ジャンクーが設立した平遥国際映画祭で審査員賞と観客賞の2冠を達成。第21回東京フィルメックス、コンペティション部門にも選出され、学生審査員賞を受賞。そしてスペインで開催の第20回ラス・パルマス国際映画祭では、ジェンダー平等の意識に貢献したとしてCIMA審査員賞を受賞する。
2021年現在は、釜山で開催の第15回アジア・フィルム・アワード最優秀新人監督賞候補にノミネートされている。
また長編第3作「サイレン・バニッシズ」が同じく釜山で開催されるアジア最大のプロジェクトマーケット「APM 2021」のオフィシャル・プロジェクトとして、日本作品で唯一選出され、国際共同製作の準備を進めながら、自身の演技ワークショップで幅広く俳優を求めている。

『由宇子の天秤』

©2020 映画工房春組 合同会社

第71回ベルリン国際映画祭 パノラマ部門正式出品
第25回釜山国際映画祭 ニューカレンツアワード受賞
第15回アジア・フィルム・アワード最優秀新人監督賞ノミネート
第4回平遥国際映画祭 審査員賞&観客賞W受賞
第20回ラス・パルマス国際映画祭 最優秀女優賞&CIMA審査員賞W受賞
第21回東京フィルメックス 学生審査員賞受賞
第23回台北映画祭インターナショナル・ニュータレント・コンペティション部門正式出品
第24回上海国際映画祭 パノラマ部門正式出品

出演:瀧内公美、河合優実、梅田誠弘、松浦祐也、和田光沙、池田良、木村知貴、前原滉、永瀬未留、河野宏紀、根矢涼香、川瀬陽太、丘みつ子、光石研
脚本・監督・編集:春本雄二郎
プロデューサー:春本雄二郎、松島哲也、片渕須直
撮影:野口健司  
照明:根本伸一  
録音・整音:小黒健太郎  
音響効果:松浦大樹
美術:相馬直樹  
装飾:中島明日香  
小道具:福田弥生 
衣裳:星野和美 
ヘアメイク:原田ゆかり
製作:映画「由宇子の天秤」製作委員会
製作協力:高崎フィルム・コミッション
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
配給:ビターズ・エンド
2020/日本/152 分/カラー/5.1ch/1:2.35/DCP
©2020 映画工房春組 合同会社
9月17日(金)渋谷ユーロスペース他全国順次ロードショー

映画『由宇子の天秤』オフィシャルサイト

関連リンク

  • 9/11 1:11
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます