【仏G3・パン賞】坂井瑠星騎手騎乗、日本のエントシャイデンは最内1番ゲート

拡大画像を見る

 現地時間12日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われるG3・パン賞(3歳上・芝1400m)の枠順が確定。日本馬エントシャイデンは最内の1番ゲートに入った。

 斤量は3歳馬56.5kg、4歳以上馬58.0kg。牝馬は1.5kg減。3月1日以降の重賞勝ち馬は2kg増。

 発走予定時刻は、日本時間13日の午前0時40分。

【出走馬】
※1段目:馬番-ゲート番 馬名 斤量 性齢
※2段目:騎手、厩舎

1-5 エラスモ 58.5kg 牡3
M.バルザローナ騎手、A.ファーブル厩舎

2-1 エントシャイデン 58.0kg 牡6
坂井瑠星騎手、矢作芳人厩舎

3-8 イルーシヴフット 58.0kg 牡4
G.モッセ騎手、J.レニエ厩舎

4-9 サガミラ 56.5kg 牝4
C.スミヨン騎手、M.デルザングル厩舎

5-7 トロップボー 56.5kg 牝4
L.デットーリ騎手、A.ファーブル厩舎

6-10 イーゴット 56.5kg 牡3
H.ベニエ騎手、A.ファーブル厩舎

7-6 アクスダヴァリ 56.5kg 牡3
M.ギュイヨン騎手、Y.バルブロ厩舎

8-3 スピークオブザデビル 56.5kg 牝4
S.パスキエ騎手、F.ロッシ厩舎

9-2 ゴーアスレティコ 56.5kg セ3
A.ルメートル騎手、P.デクーズ厩舎

10-4 ヴァロリア 55.0kg 牝3
C.デムーロ騎手、JC.ルジェ厩舎

関連リンク

  • 9/11 16:52
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます