旨まろやかな蒙古タンメン中本も!? コンビニで買える名店再現系カップ麺・超バリエーション商品3選!

 各コンビニでは名ラーメン店の味を再現したカップ麺が定番商品となっていますが、その味違いであるバリエーション商品——つまり“亜種”が続々と発売されています。ちなみに、モンハンのリオレウスで言えば、意地悪な動きをする水色のあいつが亜種です。

 今回は、最近発売されたコンビニ名店再現系カップ麺のうち、定番商品の味違い商品を3種類集めてご紹介していきます。

セブンイレブン定番「蒙古タンメン中本」が旨まろやかに!?
カップ麺「チーズの一撃」とカップライス「辛旨飯 チーズの追撃」

 まずは、セブンイレブンで買える「蒙古タンメン中本」の商品。「蒙古タンメン中本」は、東京・上板橋にある激辛ラーメンでおなじみの人気店で、セブン-イレブンの大人気激辛商品としても有名です。カップ麺の「辛旨味噌」と、カップライスの「辛旨飯」がレギュラー商品として売られています。

 今回は、それらのチーズバージョンとして年1回発売される定番商品、カップ麺の「蒙古タンメン中本 チーズの一撃」213円(税込)と、カップライスの「蒙古タンメン中本 チーズの追撃」257円(税込)を紹介します。なお、製造は日清食品です。

 激辛の代名詞とも言える「蒙古タンメン中本」の定番カップ麺とカップライスに、チーズを加えて旨まろやかに仕上げた商品となっています。

 カップ麺もカップライスも、豆腐やキャベツなどレギュラー商品同様のものが入っていますが、量は少なめ。代わりにキューブ状のチーズが入っています。チーズの量は両者同じくらい、豆腐の量はカップライスが多いですが、キャベツやキクラゲなどそれ以外の具はカップ麺の方が多いようです。

「蒙古タンメン中本 チーズの一撃」は、野菜の甘みが感じられるみそ味のタンメンスープで、別添「辛味オイル」を入れることで激辛へと変貌します。ニンニクもしっかり効いていますが、粉末と固形のチーズがダブルで溶け出すことで、辛いながらも旨まろやかな味。レギュラー商品の「辛旨味噌」だと辛くて食べられない方でも、これなら食べ切ることができるかもしれません。

 チーズが入っている分、レギュラー商品の「辛旨味噌」に比べると、豆腐など具はだいぶ少なくなっています。具のボリュームは大きな魅力のひとつなので、チーズのまろやかさを取るか、具のボリュームを取るかは悩みどころでしょう。

 カップライス「蒙古タンメン中本 チーズの追撃」は、レギュラー商品の「辛旨飯」の味をベースに、チーズの風味が前面に出ています。基本的にカップ麺と似通った味ですが、カップ麺以上に甘みが強く、野菜の他にごはんの甘みが強く感じられます。ごはんや野菜の甘さがチーズのまろやかさを増幅させており、カップ麺以上に辛さが抑えられて食べやすい印象でした。

 カップ麺に比べるとキャベツやキクラゲなどの具は少ないですが、豆腐がたくさん入っていて食べ応えがあります。辛味の中に感じられる甘み、チーズのまったり味をより堪能したいなら、カップ麺ではなくカップライスを選ぶのもアリかもしれません。

 続いては、ローソン限定の「無鉄砲 汁なし 濃厚豚骨馬鹿まぜそば」278円(税込)。京都に本店のある豚骨ラーメンの名店「無鉄砲」監修によるカップまぜそばです。ローソンでは「無鉄砲 濃厚とんこつ」というタテ型のカップ麺がレギュラー商品として存在しており、まぜそばはその亜種になっています。

「無鉄砲」といえば、骨の髄が溶けるまで煮込んだドロドロの豚骨スープが大きな特徴。まぜそばも、「濃厚豚骨馬鹿」という、ただの悪口としか思えないほど豚骨の濃さをアピールした商品名となっています。

 野太い豚骨ベースの醤油だれに豚脂がたっぷり入り、多加水麺食感のノンフライ麺を合わせています。具はチャーシューチップとネギのみですが、どちらもしっかり量があってボリュームがあります。

 濃厚な豚骨だれと分厚い豚脂が大きな特徴で、タイソンとフォアマンの共演が実現してしまったくらいの、ヘビー級のパンチ力があります。特に豚脂の存在感は絶大で、単に油のこってり感を加えるのみならず、鼻に抜ける風味、そして甘みが強く感じられ、心底「豚を食べている」という気分になりました。

 ヘビー級のたれに加え、「あとがけ特製ピリ辛にんにく醤油マヨ」という長い名前のマヨネーズが入っているのも特徴。豚脂の強いまったりしたたれの味に、強すぎない程度に酸味、にんにく風味、そしてピリ辛味が加えられ、たれの輪郭をハッキリと縁取っていました。主役は豚脂と豚骨ではありますが、このマヨネーズはモーガン・フリーマンばりの名脇役と言えるでしょう。

 最後に紹介するのは、ファミマ限定の「なりたけ監修 みそラーメン」278円(税込)。千葉に本店のある背脂ラーメンの名店で、製造はエースコックです。「なりたけ」といえば千葉県民のソウルフードとして知られるラーメン店で、千葉で「ラーメン食べに行こう!」と言えば「なりたけ」に行くことを指すとか指さないとか。

「なりたけ」の看板メニューは背脂がたっぷり入った「醤油らーめん」。これまでにも、定期的にファミマ限定でカップ麺化されていました。一方、お店では同じく背脂たっぷりの「味噌らーめん」も人気メニューで、こちらも何度か商品化されています。亜種と言うには人気がありすぎるメニューかもしれません。

 濃厚な味噌味のスープに、太めで弾力のある麺が合わせられています。具は背脂の他にメンマ、もやし、ネギが入っていますが、量はそれほど多くありません。

 とにかく味噌味が濃厚で、白味噌主体でクセのある味ではないですが、あまりの濃厚さに塩辛いとさえ感じられるレベル。ごはん片手に食べるか、ちょっとお湯を多めに入れたいところです。なお、お店のスープも塩気が強いので、店頭には「スープを足して味の調整ができる」旨の貼り紙が貼られています。そんな味噌味の濃さを忠実に再現できていますが、塩気耐性がある人向けの味かもしれません。

 ちなみに、「なりたけ」は千葉県民の“給油所”とも言われ、大量の背脂が入っているのが特徴です。もちろん、カップ麺でもレトルトの背脂がたくさん入っていました。濃い味噌味にも負けない背脂の鼻に抜ける風味、甘み、そしてこってり感。すごい迫力です。

 背脂のまろやかさ、そしてスープにつけられた甘みで、スープの塩辛さとバランスを取っていますが、塩気を和らげるというよりは、塩気と甘みがガツン&ガツンと両立している印象でした。この絶妙な拮抗こそが「なりたけ」の大きな魅力でしょう。

コンビニカップ麺コーナーの定期パトロールが欠かせない!

 コンビニに行けば、定番の名店再現系カップ麺がいつでも買えますが、時々登場する味違いの商品も、コンビニの棚を彩る魅力的な存在です。レギュラー商品と違って期間限定のものが多いので、カップ麺コーナーの定期パトロールは欠かせません。

  • 12/6 12:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます