「LOUD」JYPデビューメンバー決定 “日本人も”5人を徹底紹介<プロフィール>

【モデルプレス=2021/09/11】「Nizi Project」でもおなじみのJ.Y. Park(パク・ジニョン)と、「江南スタイル」で世界中を沸かせたPSY(サイ)がタッグを組んだ大型オーディション番組「LOUD」の14話が11日にdTVにて配信され、ついにJYP EntertainmentとP NATIONからデビューする2グループのメンバーが決定。ここではJYPからのデビューが決定した5人を紹介する。

◆JYP×PSY新スタイルのオーディション番組「LOUD」

J.Y. Parkが代表を務めるJYP Entertainmentと、PSYが代表を務めるP NATIONから“1組ずつ”ボーイズグループとしてデビューを勝ち取るまでの軌跡を描く、これまでにないスタイルのオーディション番組「LOUD」。

韓国では2021年6月から地上波放送局SBSで放送され、最高瞬間視聴率11.3%と同時間帯のバラエティで1位を獲得。参加者のほとんどが10代という中、プロ顔負けのクオリティの高いパフォーマンスや音楽制作能力で視聴者を魅了した。

「2000年1月1日以降に生まれた男性」という応募条件の下、全世界から集まった総勢73名で番組がスタートしたJYPにスカウトされた9人とP NATIONにスカウトされた10人がファイナルラウンドへ。熾烈なサバイバルを勝ち抜き、JYPからのデビューをつかみ取った5人の精鋭に注目だ。

◆イ・ゲフン

生年月日:2004年09月16日
血液型:O型
MBTI:ENFP
才能:ダンス、ラップ、ラップ作詞、カップ積み、50mランニング、テコンドー、水泳
出身:韓国
元JYP練習生

5年間という参加者最長の練習生期間を経て、満を持してデビューを掴んだ絶対的エース。視聴者投票で1位をキープし続けるなどデビューを確実視されていたが、長い練習生期間と周囲の期待によるプレッシャーを背負い続けた苦労の実力者だ。

ダンス・ラップスキルはもちろんのこと、卓越した作詞の才能を持つゲフン。長い練習生生活で同僚たちのデビューを見届けてきた自身を「冷凍人間」に例えてラップするなど、鋭いリリックで2人のプロデューサーを常にしびれさせてきた。

ファンからは「殿下」と呼ばれ、スターとしての安定感はすでに抜群。J.Y. Parkからは「グループの脊椎になってほしい」と、チームの中核を担うメンバーとして期待されている。

◆アマル

生年月日:2005年10月21日
血液型:O型
才能:ラップ、歌、皿回し、サッカー、陸上競技
出身:日本
元JYP練習生

第1ラウンドからアジア人ばなれした圧倒的な歌唱力を披露し、J.Y. ParkとPSYの心を鷲づかんだアマル。人気・実力共に「LOUD」内でトップレベルだったが、歌・ダンス・ラップ全てデビューした歌手のようにこなしてしまうため、「自分らしく歌うこと」を求めるJ.Y. Parkから厳しく指摘され続けてしまう時期も。第4ラウンドで「欠点が一つもなかった」とJ.Y. Parkから認められ号泣してしまった場面には多くの視聴者が心を打たれた。

J.Y. Parkが厳しくしていたのはアマルなら克服できるからと確信していたからで、本当はJ.Y. Parkは彼がグループに必要不可欠と考えていたようだ。

実力がありながら飾らず、いつも笑顔で明るく素朴な一面を見せており、自分が成功して、体の不自由な人を助ける仕事をしている祖母と母を支援したいという心温かい性格がさらに周囲を引き付けているエースメンバー。

◆ケイジュ

生年月日:2006年10月04日
血液型:A型
MBTI:ESFP
才能:ダンス、料理
出身:日本

練習生としての経験はないにも関わらず、序盤から「スターが現れた!という感じがある」とJ.Y. Parkを驚かせた14歳。視聴者投票でもトップ3に食い込むなど、この「LOUD」で魅力を爆発させてきた。

キュートなルックスながら、音楽がかかると雰囲気がガラリと変わり、自分のパフォーマンスに引き込む力はまさに天性のアイドル。小さな頃からK-POPを愛し熟知していることが伝わってくる正確なダンスと、キュートからシックまでパフォーマンスをこなせるカリスマ性、誰もが応援したくなるようなアピール力を持っている。

J.Y. Parkが「スカウトすることは初期から決まっていた」と明かしたり、JYP社員が「本部長からケイジュを(JYP Entertainmentに)連れてこいと言われた」と漏らすなど、とにかくJYPが惚れた天才少年だ。

◆イ・ドンヒョン

生年月日:2007年03月13日
血液型:A型
MBTI:ESFP
才能:歌、ダンス、アイスホッケー、詩を書くこと
出身:韓国

アイスホッケーの選手として活躍していた中学生で、歌やダンスのレッスンは未経験だったにも関わらず2人のプロデューサーを最初から魅了した逸材。

第1ラウンドでは自作の“詩”を表現力豊かに朗読し“ただ者ではない感”を見せつけた後、プロのような歌唱力でさらに皆を驚かせた。

第2ラウンド以降は、歌に入り込んだ表情づくりやカメラ目線のアピールなど、未経験とは思えないスター歌手のようなパフォーマンスで才能を開花させ続けたイ・ドンヒョン。しかしJ.Y. Parkは彼の才能だけでなく、運動選手として培った誠実さと努力する姿を彼の真の魅力として評価する。

国内外でファンアカウントが発足するなど、すでに圧倒的な人気を誇るメンバーだ。

◆ユン・ミン

生年月日:2000年12月22日
血液型:B型
MBTI:INTP
才能:歌、ラップ、ダンス、作詞&作曲
出身:韓国

限られた成績上位者しか入学できないという自律型私立高校に通っていた超エリートにもかかわらず、両親の反対を押し切り歌手を志したユン・ミン。練習生として他事務所に所属していたが夢のため最後のチャンスとして「LOUD」に挑戦した切実さがJ.Y. Parkの心を動かした。

中性的な魅力のある歌声やダンスはもちろんのこと、ダンスレッスンやレコーディングでは年上メンバーとして、常に年下の面倒をよく見る“頼れるお兄さん”でありリーダー的存在。

韓国語が分からないメンバーに常に通訳をしてあげるなど、自分を犠牲にしながらも他人のために行動できる姿にJ.Y. ParkだけでなくJYP社員たちが惚れたという、人間性の魅力にあふれたメンバーだ。

◆最終回を日韓同時生放送

11日20:55頃より、dTVにて最終回#15を日韓同時生配信。デビュー組のタイトル曲ステージ初公開&J.Y.ParkとPSYが共同制作したファンソングも初公開する(日韓同時生配信はノーカット版で日本語字幕なし、後日字幕付きでアーカイブ配信)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/11 20:17
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます