毎日会うのに何を話すの?【同棲カップルのLINEの使い方】を紹介!

拡大画像を見る


同棲していると、お互いにまだ入籍はしていないものの既に家族のような気持ちで付き合っているということもあるのではないでしょうか。特に生活時間帯も同じで、夜は毎日一緒にご飯を食べて一緒に寝るというようなカップルの場合、ほとんどLINEをしないということもあるかもしれません。今回のコラムでは、同棲しているカップルはどのようにLINEを使っているのか、3つのパターンをチェックしていきます。


日用品の連絡など、家族のように使う

一緒に生活していると、いわゆる【所帯じみてる】カップルになることもあります。同棲期間が長ければ長いほど「今日は飲み会だからご飯要らない」や「そういえばトイレットペーパーって在庫あったっけ?」のように日用品の連絡だけでLINEが終わってしまうケースは多いでしょう。既に恋人というより、夫婦のようにお互いの存在に慣れているからこそ、こういうLINEになるのです。


毎日仕事の休憩中と終わりはLINEをする

一緒に住んでいても職場が違う場合、職場での相手の様子が気になることもあるでしょう。そういうカップルは、職場についた時や休憩中、そして「今から帰るよ」などの連絡にLINEを使うことが多いようです。他のカップルのように頻繁にLINEはしないものの、普段から顔を合わせているのならこういう使い方もアリなのではないでしょうか。


お互いのメモにすることも!

自分で「今日は家に帰ったら〇〇をしよう」と思っていても、実際に帰ると忘れてしまって翌日後悔するという経験があるという人もいるのではないでしょうか。実は同棲カップルは、そういう物忘れを防ぐためにお互いのLINEを活用することもあると言われています。「今日帰ったら〇〇するから忘れてたら言ってね」のように備忘録にすることもあるでしょう。Keep機能などを使うより、相手に言う方が忘れづらいと考える人も少なくはありません。


同棲するとLINEの頻度は徐々に減っていくかも?

同棲すると、今まで付き合っていた頃のように頻繁にLINEがなくなりビックリすることもあるでしょう。ですが、それを寂しく思う必要はありません。LINEの頻度が減ったのは、それだけ日常的に相手と会っている証拠です。これからはLINE以外の方法でも相手との絆を深めていきましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/11 19:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます