横山だいすけさんインタビュー『映画 おかあさんといっしょ ヘンテコ世界からの脱出!』

拡大画像を見る

『映画 おかあさんといっしょ ヘンテコ世界からの脱出!』(9月10日公開)にゲスト出演する横山だいすけさんにインタビュー! 一度見たら忘れられないカラフルでインパクトがあるキャラクター“ヘンテコさん”を演じた横山さんに、映画の見どころ、撮影裏話、“遊び”にまつわるお話を伺いました。

『映画 おかあさんといっしょ ヘンテコ世界からの脱出!』

いつも仲良しなお兄さんお姉さんたちがケンカをしてバラバラになり、いろいろなヘンテコ世界に飛ばされて大ピンチに……。お兄さんお姉さん、「ガラピコぷ~」のみんなが笑いと涙の大冒険を繰り広げます。
横山さんは、一度見たら忘れられないカラフルでインパクトがある“ヘンテコさん”というキャラクターとして登場。ヘンテコさんは「ナ~イスなヘンテコを見つけたら帰れるかもしれないよ!」と、間違い探しならぬ“ヘンテコ探し”に誘います。現役の歌のお兄さん・花田ゆういちろうさんとの共演にも注目です。

映画を好きになるきっかけになってくれたら幸せ

ーー 『映画 おかあさんといっしょ』は横山さんにとってどのような作品ですか?
横山◆『映画 おかあさんといっしょ』は僕が「おかあさんといっしょ」を卒業してからできたものですが、実は現役時代に映画化の構想は耳にしていました。もし映画ができたら「おかあさんといっしょ」の楽しみ方がまた一つ増えるとワクワクしていました。もう60年もやっている番組なのに、また新しい楽しみ方が生まれるなんて素晴らしいことだと思いました。本当に映画ができて、構想が形になったよろこびはもちろん、出来上がったものを子どもたちにちゃんと届けられることがなによりうれしいです。『映画 おかあさんといっしょ』をきっかけに、子どもたちが映画を好きになってくれたら、これほど幸せなことはないと思っています。

ーー “ヘンテコさん”はインパクトのある役ですね。
横山◆インパクトだらけです(笑)。台本を読んである程度キャラクター設定は理解していたのですが、衣装合わせのときに「まさか、こんなにぶっ飛んでいるキャラクターだとは!」と想像を超えたものを感じました。とんでもなく尖ったカツラや、たくさんの色があふれる衣装を着たときは「なんじゃこりゃ、ヘンテコだ!」と思いました。

ーー メイクもすごいですが、ヘンテコさんが横山さんだということに子どもたちは気づくでしょうか?
横山◆気づかないかもしれないですし、気づかないほうがいいかも(笑)。ヘンテコな人がいたね、と笑ってもらえたらうれしいです。監督をはじめ、衣装さん、スタイリストさん、ヘアメイクさん、そして僕のアイデアがたくさん詰まったキャラクターになりました。アイデアをどんどん積み重ねていく作業がとても楽しかったです。僕ら自身が楽しんでいることが、観ている人に伝わることは大切ですし、それが物語への興味や理解を深める助けになればいいなと思います。

ーー アイデアがたっぷり詰まって、盛り盛りなキャラクターに仕上がったのですね。
横山◆これもあれもとアイデアを詰めすぎて、衣装が重くなり、“これは盛りすぎかな、もうちょっとスッキリしましょう”というやりとりもありました。みんなのアイデアが溢れていたので(笑)。撮影では、自由に楽しく演じさせていただきました。特殊な撮影方法で緻密な計算もありましたが、とてもやりがいもあって、見応えのあるシーンに仕上がりました。

子どもはもちろん大人が観てもドキドキ

ーー いろいろなヘンテコな世界が登場する映画です。
横山◆ゆういちろうお兄さん、あつこお姉さん、誠お兄さん、杏月お姉さん、それぞれのシーンに見応えがあります。大人が観てもドキドキしちゃうシーンがたくさんありました。あつこお姉さんが劇中で悩むシーンは、しっかりとストーリーに集中させてくれる演出だと感じました。自分に向き合い考えるという深いテーマも描かれています。誠お兄さんのシーンでは、応援して助けようという気持ちにさせてくれます。かと思えば、僕が出ているヘンテコなシーンでは、何が何だかわからないおもしろさを感じることができます。杏月お姉さんのシーンでは、選択する楽しさも味わえます。

ーー 見どころだらけで、子どもたちが物語に入り込む姿が想像できます。
横山◆コロナ禍でいろいろな制限があり、子どもたちを自由に楽しませることが難しいと感じているお父さん、お母さんもたくさんいると思います。そういう状況でも安心して楽しめる映画での遊び方、映画館デビューを応援している作品です。人と関わること、自分と向き合うことの素晴らしさを映画から感じ取ってもらえたらうれしいと思っています。気兼ねなく楽しんでもらえたらうれしいです。

知らないことを知ることに興味津々

ーー 横山さんの子どもの頃の「遊び」を教えてください。
横山◆僕の友達界隈で流行っていたのは“めんこ”です。めんこにハマっている僕を見て、親が「昔、よく遊んだな」と言っていました。ハマっている時期は1年くらいでしたが、親が子供のころに夢中になっていた遊びを、巡り巡って自分の子どもたちが楽しんでいるというもの、けっこういっぱいありますね。子どもの頃を思い出しながら、一緒に遊ぶのもすごくいいと思います。

家族で旅行に行ったときに、知らない場所を散歩するのもとても好きでした。場所が変わると、いつもと違う木や植物に出会えるし、海で見たことのない貝殻を発見したり、「これ、なんだろう」「見たことないね」という会話をするだけでもとても楽しいです。僕は知らないことを知ることにすごく興味がありました。遠くに行かなくても、近所を散歩するだけでもそういう体験は可能です。散歩をしながら上を見たり、下を見たり、横を見たりと、いつもと違うところに目を向けると、発見できるものがたくさんあります。歩くだけでもこんなに楽しいものに出会えるというワクワクを感じてもらいたいので、おすすめです!

<作品情報>

『映画 おかあさんといっしょ ヘンテコ世界からの脱出!』
9月10日公開
出演:花田ゆういちろう 小野あつこ 福尾 誠 秋元杏月/横山だいすけ 小林よしひさ 小池徹平
チョロミー ムームー ガラピコ スキッパー 他 
声の出演:吉田仁美 冨田泰代 川島得愛 西川貴教
配給:日活/ライブ・ビューイング・ジャパン
©2021「映画 おかあさんといっしょ ヘンテコ世界からの脱出!」製作委員会
公式HP:eiga-okaasan.jp
公式Twitter:@eiga_okaasan
公式Instagram:@eiga_okaasan

※本記事は、「アソビフル」にて掲載された記事を転載したものです。

関連リンク

  • 9/10 17:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます