中川大志&新木優子、立場が入れ替わる「ボク恋」アナザーストーリー配信

【モデルプレス=2021/09/11】読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「ボクの殺意が恋をした」(毎週日曜22:30~)では、9月12日の最終話放送終了後、Huluにてアナザーストーリー「カノジョの殺意が恋をした」を独占配信する。

「ボクの殺意が恋をした」は、抜群の身体能力でイケメン!ピュアでまっすぐだが、肝心な時には必ず失敗してしまう最高に“間が悪い”殺し屋・男虎柊(中川大志)が、謎めいた“暗殺ターゲット”の女・鳴宮美月(新木優子)を殺すどころか恋してしまう、殺意と恋が入り混じるスリリング・ラブコメディ。

一方、「カノジョの殺意が恋をした」は、“殺し屋・男虎柊”と“ターゲット・鳴宮美月/葵”という2人の関係性を入れ替えたスイッチエンターテインメント。ドラマの世界観や人物像はそのままに、“狙う葵”と“狙われる柊”という設定で、「ボク恋」の世界を別の視点から楽しめる。

◆中川大志×新木優子がスイッチ

物語は、殺し屋組織SOSのエージェントである葵(新木)が、テロ組織に資金提供している覆面漫画家・鳴宮美月(柊/中川)を殺すため、美月の仕事場に雑用係として潜入するところからスタート。葵は、隙あらば美月を殺そうと狙うが、タイミング悪くデス・プリンス流星(鈴木伸之)がやって来てしまう。

なお、ラストにはメイキング映像も公開される。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/11 12:05
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます