和田アキ子が提言!野外フェスでお酒を飲む観客への“対処法”に脱帽の声

拡大画像を見る

 歌手の和田アキ子が9月4日放送のラジオ番組「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(ニッポン放送)に出演し、8月29日に開催されて物議を醸している野外音楽フェス「NAMIMONOGATARI 2021」(波物語)について言及した。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が発出されていた愛知県常滑市で行われた同フェスでは、観客の密集・密接状態や、酒類の提供があったとして、現在大きな批判を集めている。

 和田は同フェスに関し、「映像見ましたけど、ダメですね」と切り出すと「お客さん、行くほうも抑えないとダメですよ。1回こういう風になると、来年やる時に場所を貸さないよってなる」と参加する側のモラルにも言及。また、客へのアルコール類の提供があった点についても「(もしも)私がフェスに出させてもらったとして、(酒を飲む客を)見たら、歌っている途中でも『ちょっと飲まないでよ。飲んじゃいけないって言われてるんだから。ほかの人が迷惑になるよ』って私は言います。ほかにも見つけたら、その人たちが瓶とかコップとか缶を下に置くまで私は歌いません」と断言し、ステージに立つ演者としての在り方を語った。

「ルールを守らない観客が現れた場合の“ゴッド姉ちゃん”流の対処法を明かすと、ネットでは『なるほどね。そういう姿勢を貫いて実際に行動できることこそロックだと思う』『和田さんのそういうはっきりしたところ、今の時代に必要ですね』『それ、実践してほしい。ルールが目の前で破られたら俺は歌わないってカッコいい』と好意的な声があり、『酒豪の和田さんが言うと説得力ありますね。そもそも和田さん目当てのお客さんは絶対にルールを破ったりしない。和田さんに見つかりでもしたら‥‥』とする反応もありました。

 波物語では、出演者の1人であるヒップホップアーティストのZeebraも、現地の密集ぶりやマスクを外している観客が散見されたことを知ると、司会から着用を徹底させるよう指示し、自らもステージから注意したと告白。SNS上には、そうした影響力のあるZeebraからの声かけにより、『ハッとしてマスクつけてる人いてよかったです』とする参加者のツイートのありました。やはり、観客の性善説に頼るだけでなく、出演者による注意や声かけの徹底が効果的なのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 和田から直接注意を受ければ、どんな観客もすぐにお酒を手放し、酔いも醒めるのでは?

(木村慎吾)

関連リンク

  • 9/11 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます