「難病克服」柏木由紀”三十路の熟色香”(2)ヒップのトレーニングに励み…

拡大画像を見る

 07年に柏木由紀がAKB48初代チームBの一員としてデビューしてから3冊目となるその写真集「Experience」(集英社)は、「アイドルのバイブル」をテーマに約1年間をかけて撮影されたもの。女性誌編集者が解説する。

「秋元康氏の『柏木=アイドルだと思うから、いわばアイドルの教科書のようなもの』というアイデアを元に、14年間のアイドル経験が生かされた作品となっています。着ているコートをはじめ、靴やバッグに私物を使うなどリアル感もある。男性ファンだけではなく『アイドルになりたい方にも見てほしいし、教科書になると思う』という、女性ファンへの思いやメッセージも詰め込まれています」

 とはいえ、お堅いばかりの写真集ではない。柏木の考えたテーマに沿って展開し、パート1の「大人デート編」では、いきなり高級ホテルでのお泊まりを思わせるカットが満載だ。

 夜のシーンでは大人の女性をイメージさせる、紺色でサテン生地のアンダーウエア1枚に胸元をシーツで隠し、朝は乱れたシーツの横でピンク色のレースの肌着姿を披露。寝起きのほつれ髪と恥ずかし気な表情が妖艶でドキッとさせられる。

 過去2冊の写真集は18歳と20歳の時だけに、三十路を迎えた柏木の成熟ぶりが漂う作品となった。芸能ジャーナリストの佐々木博之氏も、「実に攻めてますね」と感嘆して話すには、黒のボディスーツの後ろ姿は、「キュッと盛り上がった」ヒップが「目を引く」うえに「ボディラインもキレイ」だという。また、ピンクの透けた生地のドレス姿にしても、ふくよかな胸元が露わになり、バストトップが「ギリギリ見えないラインまで攻めている」とのことだ。そして、こう続ける。

「何よりドレスの下に何も身につけていないよう、スレスレに撮っているところもいい狙いです。脱げばいいってわけじゃなくて、品がある。これなら女性ファンからも『キレイだな~』という声が上がりますね」

 柏木は写真集の中で〈(黒のボディスーツは)結構ギリギリのところなんですけど、〉としたうえで、この時、〈珍しく〉ヒップを〈鍛えた〉とコメントしているが、その“美ヒップ作りの秘密”が判明した。8月21日に配信された大人女子のための情報サイト「ハピプラワン」で、美ボディ習慣として「お風呂前の美ヒップトレ」を行っていたことを、〈撮影するに当たって唯一取り入れた〉のが、ヒップのトレーニングだと明かしている。何でも、〈YouTubeの『BEST BODY LIFE』を見ながら毎日続けたら〉1カ月くらいでヒップが引き締まって大腿部との間に〈境目ができました〉とのことで、こうもアドバイスする。〈意外と汗をかくので、お風呂の前がオススメです〉

 その「最強ヒップトレ動画」を見ると、あおむけで横になり、膝を立てた状態でブリッジをするように腰を上下させるなど、確かに汗をかきそうだ。

 これを3カ月続けて撮影に挑んだようだが、美ヒップ作りのための“武器”も入手していた。

「ゆきりんには『ヒップの肌がザラザラして』という悩みがあったそうですが、メンバーと情報交換して、今は“恋するヒップ”という意味の商品名のヒップケアソープを使って悩みが解消したそうです」(女性誌編集者)

 写真集の後半でも美ヒップのショットは続く。水着は元より、白の網タイツにブルー地に水玉模様のボディブリファー姿や、ラベンダー色のゆったりした下半身用のアンダーウエア、さらに茶系のざっくり編みセーターに白色のレースの下半身用肌着と、ヒップ好き垂涎の写真集に仕上がっている。

 柏木自身も「最高傑作です」と自信満々で、7月下旬には重版が決定。販売実績も好調のようだ。

関連リンク

  • 9/11 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます