愛知のフェス会場「りんくうビーチ」の悪評がひどい。汚水、ドラッグ、暴走族etc.

拡大画像を見る

◆イベントの評判よりも悪い会場の評判

 8月28,29日に愛知県常滑市で行われた音楽フェス『NAMIMONOGATARI』を巡って、愛知県の大村知事が大激怒。その後も炎上が続き気がつけば企画した主催者が申請していた3000万円の助成金は申請が却下された。

 このイベントに対する市民や自治体の怒りもさることながら、これまで『NAMIMONOGATARI』が開催されていたりんくうビーチの評判の悪さもかなりのものがあるという。騒動を取材した地元記者に話を聞いた。

「NAMIMONOGATARIはこれまで、今年行われた愛知県国際展示場(AICHI SKY EXPO)の向こう岸にあるりんくうビーチで行われていたのですが、このりんくうビーチの評判があまりよろしくない。

 駅から歩いて行けるし近くにはイオンモール、温泉施設、ビーチでは手ぶらでバーベキューも楽しめるとあって、若者達に人気なのですが、カスタムした車やバイクが駐車場に集まり、地元では『暴走族やガラの悪い連中の溜まり場』という声も聞かれます」

◆りんくうビーチとはどんな場所なのか?

 このりんくうビーチは2016年に開場した人工ビーチで、白い砂浜とバーベキュー場を備えたリゾート施設。向かいにあるセントレア(中部国際空港)に離発着する飛行機も間近に見ることができ、白い砂浜に飛行機と夕陽が相まって光景はかなりイイという。そのため、いわゆる“映える”スポットとしても、若者達の間では人気だという。

 Instagramなどでは、若者たちがビーチのモニュメントや砂浜で撮った写真に混じって、旧車會と思われるバイク集団の写真も散見された。若者が砂浜でキャッキャッと騒ぐだけならまだしも、確かに改造された暴走族仕様のバイクや車の集団がたむろしていたら、一般人からすればあまり気分がいいものではないだろう。

◆日本一悪いと言われる水質

 家族で行ったことがあるという名古屋市在住の男性は、3年前に行ったことを振り返り、「二度と行きたくない」と話す。

「開場して2年後の2018年に行ったのですが、子連れで行ったことを後悔したわな。あんなとこ行くくらいなら、ちゃんと内海まで行きゃよかった。若い連中というか“ヤカラ”っぽいのが多くて、来てる連中のガラがあんまよくないんだわ。

 水も濁っとってゴミというか海藻が腐ったみたいなのがプカプカ浮いとるんだわ。後で調べたら、水質はギリギリ入っていいレベルの数字だったで、海に入ったことをちょっと後悔したもんな。

 あと、ゴミがそこら中に捨てられとる。打ち上げられた海藻はしゃあないとしてもペットボトルや吸い殻とか、よくもまぁ平気でポイポイ捨てられるなと」(編注:内海とはりんくうビーチから車で30分ほど行った場所にある、愛知県では有名な海水浴場のこと)

 このゴミと水質の問題はりんくうビーチを語る上で避けて通れない問題のようだ。特に水質に関しては2020年に『ダイヤモンド・オンライン』が、環境省が2017~19年に全国で集計したデータを基に783カ所の海水浴場を格付け。その結果を公表した「水が汚い海水浴場ランキング2020」では全国1位という不名誉な記録も獲得したほどである。

◆浜辺ではドラッグをする者もいた!?

 だが、水の汚さよりもこの男性は、ある“決定的なブツ”を目にすることになり、昼前にはりんくうビーチを後にしたという。

「飲み物を買おうと階段を上がろうとしたら、なんか堅いものを踏んだんだわ。なんだコレ?と思ってみたら、パイプが落ちとった。これは明らかにタバコを吸うもんじゃないだろって。それでもう、こんなとこにおったらアカンわってなって、朝の10時来たけど11時には近くの温泉で風呂入って帰ったもん」

 そう言って男性は記者にスマホの写真を送ってくれた。確かにこれは大麻や危険ドラッグを吸引する際によく使われるパイプと思われる。

 今回の一件で図らずも注目を集めてしまったりんくうビーチ。美しいビーチにそぐわない悪評が消える日は来るのだろうか。

取材・文/日刊SPA!編集部


関連リンク

  • 9/11 8:53
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • あきひろ

    9/13 21:05

    同じ河和線系統でも本線系統の名和や柴田や知多半田や内海はまともなのに常滑支線だけ輩の巣窟なのだな。

  • トリトン

    9/11 14:12

    昔の内海は汚くて入れなかったが、ゴミはそれほど無かったのにな、今は海が汚いかは知らんけど汚しまくってるのだね、自分海水誘われたら、海の家でビールのつまみ食べながらお昼寝してましたね。とても海に入る気しませんね。

  • やはりなあ。

記事の無断転載を禁じます