ダウンタウンも驚愕!社内反省用「わびさび部屋」に陣内智則、藤原紀香との離婚謝罪会見前に「入れられた」「暗~いとこ」とは?

拡大画像を見る

 9月9日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、陣内智則(47)がダウンタウンも知らない社内の秘密の場所について語った。今回は吉本興業所属の陣内、マヂカルラブリー、サンミュージック所属のぺこぱ、グレープカンパニー所属の東京ホテイソン、タイタン所属のウエストランド、人力舎所属のザ・マミィがゲストに登場し、自身が所属する事務所についてトークした。

 事務所のここが好き、ギャラの取り分、営業についてなど、それぞれが内部事情を明かす中、「ウチの事務所のここが不満」というテーマで、ザ・マミィは、人力舎は社員が11時に出社してきて17時には帰ってしまうため、その時間内しか事務所に入れないという悩みを告白し、24時間出入りできる吉本を羨ましいと語った。

 これに野田クリスタル(34)は「どこかしら開いてる」「本気出したら泊まれる」と明かし、相方の村上(36)も「なんなら劇場に住んでるやついました」と続け、劇場にはシャワーもついているため「グランジの大さんがずっと住んでました」と、椿鬼奴(49)の夫である大(41)も住んでいたと語った。

 吉本の本社は新宿花園神社の隣にあり、元小学校の校舎をそのまま社屋として使用。バラエティや所属芸人のYouTubeにも登場することがあるため、広く知られている。24時間開いているという利点はあるが、野田は「小学校を改築しているから、全体的にちょっと汚い」と不満も告白。取材でカメラマンから白の背景で撮りたいと言われ場所を探したが、「なかった。ずっとくすんでる。ずっと黄色い」と、その古さを嘆いた。

 すると陣内も「知ってます? 吉本の本社に、今言ったようにいろんな部屋がありますけど、“わびさび室”って知ってます?」と、ダウンタウンに質問。これに浜田雅功(58)も松本人志(58)もキョトンとし、「知らん」と首を振った。

 陣内は「僕、その一回、謝罪会見するときの、前日にそこの“わびさび室”に入れられたんすよ」とコメント。陣内は、藤原紀香(50)と結婚していた当時、複数女性との不倫が発覚。不倫は、藤原と結婚した2007年に始まっていたといい、2008年に報道が出て翌年には藤原と離婚。そのときの謝罪会見が行われたのが、吉本の本社だった。

■薄暗い小部屋に「怖い!」と騒然

 陣内は「写真あるんですよ」と、“わびさび室”の写真も紹介。それは約2畳あるかないかの畳敷きの狭く薄暗い部屋で、壁はすすけたようなグレーと汚れた黒という異様なものだった。これを見たスタジオ共演者からは「うわぁ!」「怖っ!!」「ヤバい」と悲鳴が上がり、ダウンタウンの2人もドン引き。

「前日に入れられて、で、会見の数時間前も入れられた“わびさび室”っていう暗~いとこで」と振り返る陣内に、松本が「ネーミングあってんの?」と確認すると、陣内は「“わびさび室”っていうんですよ。なんの部屋かはわかんないんですよ。ただ壁に引っかき傷めっちゃある……」という情報も明かし、スタジオからは再び恐怖の悲鳴が上がった。

 ダウンタウンの2人も驚く謎の部屋の存在に、視聴者も「吉本本社のわびさび室やばい」「独房を限界までオブラートに包んだ結果“わびさび室”」「約30年前の卒業生だけど階段の踊り場にこんな部屋なかった」とザワザワ。

 現在は、打ち合わせ部屋としても使われているという“わびさび室”。陣内にとってはトラウマになっているのかもしれない。

関連リンク

  • 9/11 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます