日テレ『イッテQ』イモトの代役・ギャビンが放送前からピンチ!?「ハードル上げすぎ焦らしすぎ」の自爆危機!

拡大画像を見る

 コロナ禍が終息する気配を見せず、番組のウリであるはずの海外ロケができていない『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。8月15日放送回ではイモトアヤコ(35)の妊娠が発表されたことで、新たな若手芸人の活躍に注目が集まっている。

「今年4月18日放送回に初出演したお笑いコンビまかろにステーションのギャビン(26)に、番組は期待しているようですね。両親が医者、兄と姉は弁護士、さらにもう一人の姉は米国政府のエージェントという超エリート一家のアメリカ人で日本語も堪能。お試し企画『ギャビンのボランティア旅』ではロケ先ではいまひとつウケなかったものの、性格の良さから視聴者やスタジオメンバーには好印象を与えることに成功していました」(女性誌記者)

 ギャビンの特筆すべきPRポイントに、「日記芸」があり、これがロケ番組である『イッテQ』と相性が非常によかったのだ。京都の北野天満宮を掃除している間はまったくギャグも披露できず、あわやただのつまらないVTRとなりかけていたのだが、

《お笑い芸人と名乗っているのに、全然笑いが作れていない。僕は焦っていた。

 ここ(川の掃除中)で足を滑らせて全身ずぶ濡れになればそれなりの笑いは起こるだろう。

 しかし、ひとつ問題があった。衣装が借り物だったからだ。借りたものを濡らしていいのか? それは失礼になるのではないだろうか? 結局、僕は池に落ちずに掃除を終えた》

 という英語で書いた日記をギャビンが日本語でモノローグのように紹介したことで、結果的に秀逸なVTRに仕上がったのである。

■ギャビンの新企画が予告されているが…

「スタッフも若いギャビンにはどこか厳しくもフランクで、ハッキリ言ってスベっていた一発ギャグ“ギャビーン!(ガビーン!)”を“あんま使わない方がいいよそれ。連発はしないでここぞという時がいいと思う”とアドバイスしたり、食レポで“ウメージング!(うまい+アメージング)”と叫ぶ一発ネタは“滅茶苦茶いいじゃん”と褒められていました(笑)」(制作会社関係者)

 そのほか、外国人芸人ならではの英語で叫ぶ芸はそれなりにウケたほか、食レポはヘタクソだったが、「サクサクしてる」と褒めるつもりで「パサパサしてる」とネガティブな表現をしてしまった(※本人は同じ意味だと思っていた)際は日本語の難しさに嘆いたり、「僕のせいで客足が遠のいてしまう」と本気で涙してしまう責任感の強さも見せ、視聴者やスタジオからは「ギャビン頑張って!」という励ましの声も聞こえた。

「そんなギャビンのボランティア旅第2弾が“近日公開”と、8月15日放送回以降たびたび予告されるようになったんですが、いまだに本編は放送されていません。視聴者は《ギャビンまだっすか?》《ギャビンいつなんだろ。次週予告また違った》とじれったさを感じ始めているし、“じらし戦術”なのは分かりますが、ここまで期待値を挙げてしまうのは、結果的に“待たせておいてこれかよ”と自爆してしまう可能性も高い。諸刃の剣ですよね」(前同)

■焦らしすぎて炎上したことも

 たとえば、こうした「焦らしすぎ」の有名な失敗例として、13年に放送された『SMAPGO!GO!』(フジテレビ系)での生放送がある。

「1999年に放送された伝説のドラマ『古畑任三郎vsSMAP』の後日談が、全編“生ドラマ”で放送されるとCMで散々あおられていたんです。脚本も、当時と同じ三谷幸喜。

 ところが、ふたを開けてみると実際はミニコントだったうえ、肝心かなめの古畑任三郎こと田村正和さんは出てこない。案の定、《視聴率稼ぎの釣りじゃん!》《もはや詐欺レベル》と非難轟々でしたよ」(専門誌記者)

 ちなみに、このドラマが古畑シリーズの新作として宣伝されていたことについては、三谷本人や木村拓哉(48)も難色を示していたと、三谷自身が朝日新聞夕刊の連載にて語っていた。

「同じ日テレで最近の話では、6月21日放送の『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話合体SP』にて、人気イケメン俳優の中川大志(23)が出演して《新たな一面を披露》《ダンス対決》と散々告知しておきながら、実際は中川の出番が10分あるか怪しいというガッカリな内容だったこともありました。こういうのが続くと、テレビは信用を失ってしまうと思います」(前同)

 人柄の良さや、恵まれたルックスなどですでにファンは獲得しつつあるギャビン。『イッテQ』の戦略が、裏目に出ないことを祈るーー。

関連リンク

  • 9/11 7:33
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます