菊池風磨、ナジャ・グランディーバの初体験秘話におおはしゃぎ! ジャニーズの変態紳士がエロ男爵・沢村に代わる?

拡大画像を見る

 9月8日放送の「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)では、新型コロナ感染で休養中のMC・沢村一樹に代わってSexy Zoneの菊池風磨がゲストMCとして参加し、みちょぱ、水野美紀がスタジオで迎え入れた。

 そしてゲストは、人生の節目で占いに行くという石井亮次フリーアナウンサーと、伴うのはドラァグクイーンのナジャ・グランディーバ。

「中部地方で圧倒的な人気を誇っていた石井アナは、2020年フリーに転身し、東京へ進出しました。見た目はド派手ですが上品で知的なナジャさんとは、石井アナが看板を務める昼のワイドショーでも人気のコンビです。石井アナはイケメンなのに、親しみやすいオシャベリが人気で、『J-CASTニュース』2021年の調査で好きな司会者1位になり、お茶の間で今大注目の男性アナウンサーですよ」(芸能レポーター)

 共通点が多いという2人だが、控え室からおしゃべりが止まらない。

 ナジャが「しゃべりすぎ!」と、しびれを切らしストップを入れ、2人で占いセットへ移動するのだが、その間も石井アナの実況中継は止まらない。

 携帯電話番号の下4桁を足した数で開運に導く数意学&琉球風水志でお馴染みのシウマ氏が2人の前に表れた。席に着いても、しゃべり続ける石井アナに「ちょっと、いいですか?」と、苦笑いでシウマ氏も制御した。

 まず石井アナの合計数「9」は、あまりよくない数字で「自分が考えていることをとにかく勢いよくしゃべってしまう。合わせる気が基本ない」と、見ての通りの指摘をした。
ナジャが「それは、司会者として致命傷ではないですか?」と横やり入れると「逆に向いている。台風で表すと台風の目。中心にいて勝手に周り巻き込んでいく」とシウマ氏はフォローした。

 一方、ナジャは「17」で、いい数字。

 美意識が高くて魅せる力を持っていて、生年月日から見ても、ものすごく真面目な性格だという。

 ゲイの長男として生まれた田舎の実家では「自分の存在で親が傷つくかな」と、両親のことばかり考えていて、自分がゲイであることを隠してきた葛藤を話した。転機は大学進学で大阪に出てきた時で、親元を離れてからゲイの友達が増えて、女装をはじめたという。

「19歳のときが1番モテ期なので、はじめてぐらい本気で好きになる人がいた?」とシウマ氏に聞かれると「いや、恥ずかしいなぁ。初めてのこと話すの~」と顔を赤らめ、照れた。

 別スタジオで見守っているMC陣がワイプで抜かれているのだが、菊池もニヤニヤしている。

 当時、少し好意を持っていた人と“色々あった”ナジャは「BGMがね、長渕剛さんの曲でした。“お前が舵を取れ”っていう。そのBGMで、いたしたのを思い出しましたよ」と赤裸々に話すと、ワイプの菊池は「初体験の話じゃ~ん、結局!」と笑顔。

 一通り占った後、やはり石井アナは仕事運について気になるようで、自ら助言を求めた。

「女性を大切にする、味方にしておくほど、困難にブチ当たった時のアドバイス・助言でクリアできる。唯一の弱点は、家庭運。色事に巻き込まれやすい。イライラした時はお酒に逃げない方がいい」とシウマ氏は、注意を促した。

 ナジャは「最終的にどうなりたいの?」と石井アナに聞くと「“紅白の司会をやりたい”と言っていましたが、一生しゃべりの仕事をしていけたらいいなというのが夢です。“朝ラジオでしゃべっていて、昼に死んだんですか”みたいなのがいい」と、おしゃべりで生きていく覚悟を見せた。

 シウマ氏に「石井アナは、日本一の司会者にはなれそうですか?」とナジャがアシストすると「女性を味方にしていれば」と石井アナの背中を押した。

 カメラはスタジオに切り替わり、MC陣3人が感想を話す際、菊池は「まさか、ここでナジャさんの初体験の話を聞けるとは! 長渕さん流しながら、いたしていたという」と嬉しそうに回想していた。

 ジャニーズの“変態紳士”と自称し、下ネタも大好きな菊地なだけに、エロ男爵・沢村の代役をしっかり務めていた。

  • 9/10 21:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます