濃厚な白子の旨みと、もっちり食感のパスタが絡み合う逸品!

赤坂で人気の本格派イタリアン『ラ・スコリエーラ』には、大人たちの本能を満たす一皿がある。

それが、「トラフグの白子とトレヴィスのクリームソース」だ。

この逸品は、凝縮された白子の旨みともっちり食感のパスタのハーモニーが絶妙!

ミュージシャンであり食通としても名を馳せる小宮山雄飛さんも惚れ込んだという逸品を、たっぷりご紹介しよう!



※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

イタリアンでは珍しく、真鱈ではなくトラフグの白子を使用。皮目から高温でソテーし香りを高め、フレッシュクリームを加えてクリーム状に。トレヴィスの苦みと、ヴェスヴィオ火山をかたどった珍しいパスタが、相性よく絡む。3,960円

『ラ・スコリエーラ』の「トラフグの白子とトレヴィスのクリームソース」


ソースと絡みやすい上、時間がたっても伸びにくく美味しい。

そんなショートパスタの魅力に改めて気づいたという雄飛さんが感銘を受けたひと皿は、赤坂の本格イタリアンにある。

八丈島の漁師であるオーナーと、イタリアを愛するマダムが営むこのリストランテは、本物の漁師だからこそ仕入れられる鮮度の高い旬の魚がメニューの主役だ。


「この魚介の豊富な知識と経験値は、オーナーが漁師さんと聞いて納得。

ずらっと並んだ魚から選び、さまざまな調理法で自由にカスタムできるスタイルが衝撃でした。

パスタの麺は12種、ソースはその日にある魚を中心とした18種から組み合わせる、ユニークなシステムがなんだか楽しくて。その中でも、イタリアンでトラフグのパスタ!?と驚きました。

なめらかで濃厚な白子とよく絡む、らせん状の山形パスタは、パスタ発祥の地にある老舗グラニャネージ社の、銅の口金で絞った最高級品。他とは一線を画する小麦本来の旨みをかみしめながら、ワインが止まりません。

冷めてもずっと美味しくて、シンプルな味付けだからこそ分かる素材の味に浸れます」と雄飛さんが魅力を語ってくれた。


しっぽりデートやご褒美に目指したい、ひと味違う最高に贅沢なパスタで、“口福”のひとときを。


▶このほか:焼肉は、丁寧な手切りで美味くなる!名店のDNAを引き継ぐ世田谷屈指の人気店へ

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/11 5:03
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます