黒木華と柄本佑共演のユニークな不倫映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』 / 漫画家の妻が漫画で復讐していきます

拡大画像を見る

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは黒木華と柄本佑共演のユニークな不倫映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(2021年9月10日公開)です。

オリジナル企画のコンテスト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2018」の準グランプリ受賞作品の映画化。

「これが準グランプリなの?」っていうくらい凝った構成のユニークな不倫映画なんですよ。夫に浮気された漫画家の妻が、漫画で復讐をするというストーリーと最後まで観客を振り回す展開がいい! では物語からいってみましょう。

【物語】

漫画家の佐和子(黒木華)は、夫の俊夫(柄本佑)が、佐和子の担当編集者の千佳(奈緒)と不倫中であることを知ってしまい、彼女は二人の不倫を新作漫画として描きます。

漫画を読んで「バレた?」と焦る俊夫。しかし、その漫画は佐和子と自動車教習所の先生(金子大地)のプラトニックラブも描かれ、佐和子の淡い恋心に俊夫は嫉妬し始めるのです。

【不倫と復讐をコミカルに描く】

めちゃくちゃ面白かったですね! とにかく不倫がテーマの映画はドロドロした負の感情が溢れることが多いのですが、この映画は、不倫を良しとはしていないながらも、コミカルに描いているところが良き!

何よりヒロインの漫画家という職業を大いに活かしており、とてもスマートでセンスのいい映画だと思いました。

【ヒロインは最後まで観客も振り回す!】

佐和子は夫の浮気を目撃して、当然ショックを受けるのですが、彼の前では平然と振る舞いながらも、夫の浮気を漫画に描いていく。

読んだ夫はギョっとしますが、さらに漫画の中で、自動車教習所の先生との淡い恋が始まり、そこで夫はさらにギョとするわけです。

この教習所の先生とのエピソードが、現実か妄想か最後までわからないから、夫の俊夫と一緒に、観客も佐和子の漫画に振り回されっぱなしになるのですね。

【浮気の復讐をきちんと夫にするのがいい!】

不倫ものにありがちなのが、夫や彼氏に浮気されたとき、憎しみの矛先が浮気した男ではなく、その不倫相手というパターン。

たしかに、不倫相手に略奪される場合もあるでしょうが、要は男が相手にしなければいいのだから、やはり浮気の復讐は夫や彼氏にバシっとすべきだと思うんですよね。裏切ったのは男なんだから。

その点、佐和子は夫にきっちり復讐をしているところが良いし、佐和子の新たな恋がホンワカしていて、現実か妄想かあいまいだったからこそ、本作はドロドロに走らず、最後までスマートに駆け抜けることができたのではないかと。

なぜなら、佐和子の恋をリアルに描いていたら、男女関係がすごくウェットになってしまい、この映画の持つ軽快なテンポが損なわれてしまったと思うからです。 

【カラっと明るく女の怖さを描く】

とはいえ、本作は、裏切られた女性の怖さも描いています。浮気をした夫本人を直接攻めず、漫画を通して「私、知ってるんだからね」と伝えていくんだから、そりゃ怖いでしょう。

でも自動車教習所のイケメン先生との淡い恋や浮気がバレて焦る夫などの描写がどこか明るくユーモアにあふれているので、怖さが緩和されているんですね。

加えて、浮気相手の編集者のキャラもいい。彼女は俊夫よりも漫画を愛しているので、自分と俊夫の不倫ストーリーなのに「この新連載イケる!」とか思っちゃうんです。

登場人物、みんなどこか不倫モノの王道からズレている。でもそれこそ、彼らの個性であり、この映画の面白さのキモだと思います。

黒木華さん、柄本佑さん、奈緒さん、金子大地さん、役者陣もみんな素晴らしくて、こんなに楽しい不倫映画は初めてかも! 強力にプッシュしたい作品です。

執筆:斎藤 香 (c)Pouch

『先生、私の隣に座っていただけませんか?』
(2010年9月10日より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー)
脚本・監督:堀江貴大
出演:黒木華 柄本佑/金子大地 奈緒/風吹ジュン

関連リンク

  • 9/10 17:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます