アイファーソング産駒が初出走 土曜中京5Rのアイファーヴァンズ

拡大画像を見る

 新種牡馬アイファーソングの産駒が、11日の中京5R・2歳新馬(芝1400m)で初出走を迎える。

 デビューするアイファーヴァンズ(牡2、美浦・的場均厩舎)は母キシュウリベンジ、母の父グリーンアプローズという血統。父と同じ中島稔氏の所有馬で、鞍上は藤井勘一郎騎手。

 アイファーソングは父ソングオブウインド(その父エルコンドルパサー)、母アイファーペガサス、母の父デヒアという血統。

 JRAでは5勝をあげ、2012年アンタレスS(GIII)ではゴルトブリッツの2着に入るなど、ダート中距離のオープン馬として活躍。現役生活晩年は名古屋競馬に移籍し、さらに7勝を積み重ねた。

 2018年から北海道日高町のWing Farmで種牡馬入りし、現2歳の初年度産駒は7頭。

関連リンク

  • 9/10 19:23
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます