大岩の下に閉じ込められた子羊を14歳少年が発見し救出 「第六感が働いた」(ニュージーランド)

拡大画像を見る

ニュージーランド北島のワイトモ近郊に住むコールバン・ドニーズさん(Corban Denize、14)は先月29日、農場を経営する父親のブレンダン・ドニーズさん(Brendan Denize、46)と姉のケイティ・ドニーズさん(Katie Denize、17)と一緒にいた。

すると近くにいた祖父のグレームさん(Graeme Denize)が「雌の羊が岩のそばにずっといる」と不思議な行動をする1頭を心配した。コールバンさんは父や姉と共に懐中電灯で隙間から岩の下にある穴を照らし、羊の声を真似て呼び掛けてみたが何の反応も無かったので、羊は気まぐれで岩のそばで佇んでおり、祖父の杞憂だろうと考えてその場を後にしようとした。

ブレンダンさんによると、その時3人は「第六感が働いた」そうで、何かに引き寄せられるように再び大岩のある場所へ戻ってきた。そして岩の下にある穴の隙間を広げるために農具のすきを使って掘り始め、肩が通るほど穴が大きくなると、コールバンさんは衝動的に穴の中に入っていった。

コールバンさんは足首を掴んでもらう形で、頭から逆さまになるようにして深さおよそ7フィート(約2.1メートル)の穴に入っていったが、ブレンダンさんが「出て来られなくなるかもよ」とジョークを放つもコールバンさんは真剣な様子だったという。

当時の様子を捉えた映像には、上半身がすっぽり隠れるほど深くまで潜るコールバンさんの姿が映っている。穴の中は狭かったようで、奥まで潜ってしまったコールバンさんは自力で這い上がれない様子だ。そこでブレンダンさんがコールバンさんの片脚を引っ張り上げると、コールバンさんは生後2日という小さな子羊の足を掴みながら出てきたのだ。

コールバンさんは「生きているじゃないか」と驚きつつ「僕が助けたんだぞ」と誇らしげに声をあげた。またブレンダンさんに引き渡した子羊を見ながら「感謝しないとな、子羊ちゃん!」と冗談を言っている。

そんなコールバンさんは、当時のことをこのように振り返った。

「本当に窮屈な場所だったけれど、そこに入っていったら幸運にも子羊を見つけたんです。最初は死んでいるのかと思ったんだけど、引っ張っているときに動いているのを感じました。引っ張り出して生きているとはっきり分かった時には興奮し、本当に安心しましたよ。」

「父がなんとか引っ張り上げてくれると信じていましたが、それでも子羊と一緒に穴から出してくれたのは最高でした。立ち去らずに大岩に戻ってみて本当に良かったです。」

ブレンダンさんも「コールバンは本当に勇敢だと思いますが、穴に入って行くときは緊張している様子でしたよ」「当時は『そこに何かがある』という第六感だけを頼りにしていました。もし1人だけだったら、引っ張り上げてくれる人がいないので穴の中へ入ることもできなかったと思います」と明かしている。

なおブレンダンさんは、子羊は長くて18時間は岩の下に閉じ込められていたのではないかと考えており、「こんなにかっこいい子どもたちがいてなんて幸せなんだと思ったし、この子羊が私たちのもとに戻ってきたのもどれほど幸運なんだとも感じましたね」と喜びを口にした。

画像は『Metro 2021年9月7日付「‘Hero’ teen burrows head-first into 7ft hole to rescue trapped lamb」(Picture: Kennedy News and Media)(Picture: Kennedy News/Ripples Retreat)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 9/10 18:15
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます