さんま 解散発表後初対面で蛍原いじり「巻き込まれたオレが」13日の明石家電視台

拡大画像を見る

 13日のMBSテレビ「痛快!明石家電視台」(後11・56)はMCの明石家さんまが、オープニングで元雨上がり決死隊の蛍原徹をいじりまくる。

 8月17日に宮迫博之と1989年に結成したコンビ・雨上がり決死隊の解散を発表した蛍原と、2019年の闇営業騒動後の宮迫をサポートしたさんまは、この日の収録が解散発表後初対面。さんまは「そっちの方で頭がいっぱいで…」と“解散問題”を示唆し、スタジオは騒然となる。

 この日の番組テーマは「さんちゃん・稲ちゃん(アインシュタイン・稲田直樹)・なぎちゃん(NMB48・渋谷凪咲)の悩める令和カップル大集合!」。さんまは「『悩めるカップル』といえば、巻き込まれたオレが…」とトークを展開。続いて蛍原も苦しい胸の内を吐露。一体、何を語るのか…。さんまは何を思ったのか、スタジオメンバーを代表して渋谷にコメントを求めるが…。

 本題の『悩める令和カップル』の1組目に俳優の原田龍二、元女優の愛さん夫妻が登場。2年前の「4WD不倫」騒動を乗り越え、今年6月にはCMで約30年ぶりに夫婦共演した。CM発表会見の映像などを交え、さんまも驚くCMオファーエピソードを披露する。

 また、愛さんが心に抱えるモヤモヤを激白。当時、原田に対して「即レッドカードを出した」と明かす愛さんの怒りの行動に、さんまは「そういうことがあったんだ!」と驚きの声をあげる。一方、原田は車に関するある一言を放ち、さんまは「こいつ反省してませんよ!」とあきれ声をあげる。

 2組目は結婚2年目の元プロボクサー・山本隆寛さん、モデル・久保七瀬さん夫婦。出会いはボクシングの試合中で、山本さんが七瀬さんの美貌に目を奪われたと告白。大爆笑したさんまは、蛍原に対して「どうや、蛍ちゃん、相方に?」とコンビ結成をすすめる場面もあった。

関連リンク

  • 9/10 16:57
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます