無所属のウィルシャー、アーセナルの練習に参加? アルテタ監督「ドアは常に開いている」

拡大画像を見る

 2020-21シーズンまでボーンマスでプレーし、現在無所属となっている元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが、古巣アーセナルの練習に参加する可能性があるようだ。9日、イギリスメディア『ミラー』が伝えている。

 同メディアによると、アーセナルのミケル・アルテタ監督が、木曜日に行われた記者会見の中で、「ウィルシャーがアーセナルのトレーニング施設で練習を行うことは出来るのか」と問われたところ、「彼はかつての同僚であり、このクラブに関わる人物の誰からも愛されている。ドアは常に開いている」と答えたと報じている。

 なお、同選手はイタリア・セリエB所属のコモの練習に参加し、契約濃厚と伝えられていたものの、ウィルシャーがEUのパスポートを持っていなかったことから契約締結には至らなかった。

 現在29歳のウィルシャーは、アーセナルの下部組織出身で、2008年夏にトップチームへ昇格。その後ボルトンとボーンマスへのローン移籍を含めて10シーズンに渡り、アーセナルに所属した。2018年夏にはウェストハムへフリー移籍を果たすも、2020年10月に無所属となり、2021年1月にボーンマスへ加入した。

 プレミアリーグ通算182試合に出場した経験を持つ同選手。果たして、アーセナルでの練習参加は実現するのだろうか。

関連リンク

  • 9/10 15:43
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます