同僚女性からのひそかな「脈ありサイン」9パターン

どんなに積極的な女性でも、職場ではあからさまに好き好きアピールなどできないもの。とはいえ、ひそかに送られている「脈ありサイン」に気づくことができたら、新しい恋のチャンスをつかむことができるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性238名に聞いたアンケートを参考に「同僚女性からのひそかな『脈ありサイン』」をご紹介します。

【1】「おはよう」と極上の笑顔であいさつする
「ほかの人にもにこやかに言うけど、その人にだけはキラキラ光線を出す!」(10代女性)というように、朝一番の表情が輝いて見える女性には、注目する価値がありそうです。わずかでも「俺だけ別格…?」と感じたら、相手の様子を注意深く観察してみましょう。

【2】電話メモに小さなイラストを添える
「『あれ?』と思ってもらえたら、何かのきっかけになるかなと」(20代女性)というように、うっかり見逃してしまいそうなサインもあります。メモを口実に話しかけた結果、ただの勘違いに終わったとしても、雑談のフリをすれば相手には気づかれないでしょう。

【3】休憩時間に、席を立つタイミングを合わせる
「給湯室で鉢合わせするようにして、自分の存在を少しずつアピール!」(20代女性)というように、なんとかして近づくチャンスを作ろうとする人もいます。仕事上あまり接点がないのに、ちょくちょく顔を合わせるようなら、「脈あり」を疑ってもよさそうです。

【4】話しかけられたら、視線を逸らさずにじっと聞く
「真剣な顔をしながら、心の中では『気づけー』と念じてます(笑)」(10代女性)というように、意中の男性と話すときに、意識して目を合わせる女性は多いようです。とはいえ、単に仕事熱心なだけかもしれないので、軽い話題でも同じ様子か見極める必要はあるでしょう。

【5】雑談の合間にプライベートな質問を投げかける
「いきなり『彼女いる?』はマズいので、まずは趣味とか休日の過ごし方とか…」(10代女性)というように、私生活に興味を持たれたら、ピンと来たほうがいいでしょう。パートナーの有無を探るような質問をされたら、かなりの確率で「脈あり」だと言えそうです。

【6】急ぎの仕事が特になくても、可能な限り残業に付き合う
「好意を示すためというより、長く一緒にいられるのが嬉しいから」(20代女性)というように、好きな相手との関わりを多く持ちたくて、手伝いを申し出るケースもあります。自分だけ差し入れをもらったときなども、なるべく愛想よく応対したほうがいいでしょう。

【7】「お疲れさま」と声を掛けながら軽くボディタッチする
「みんな仲がいい職場でも、身体に触れたりするのは、さすがに気になる男性だけ」(20代女性)というように、言葉だけで済む場面で、それ以上のことをされたら、素直に喜んでよさそうです。ただし、誰にでも同じことをしているなら、特別な感情はないでしょう。

【8】席を選べる会議や飲み会では、なるべく近くに座る
「親しくなる絶好の機会を逃さないように、ほかの同僚に協力してもらうことも…」(20代女性)というように、たびたび席が隣になるなら、相手の動向を気に掛けてみましょう。周りが二人を近づけようとしていたら、好意に気づいていないのは自分だけかもしれません。

【9】偶然を装って退社する頃合いを合わせ、一緒に帰路につく
「社外でなら少し思い切ったアピールもできるから、5分でも並んで話せるように調整する!」(20代女性)というように、毎日のように帰りが一緒になるのは、単なる偶然ではなさそうです。軽く夕食に誘うなど、こちらからもアプローチを開始していいでしょう。

明確な「脈ありサイン」は少ないものの、職場のさまざまなシーンで控えめな合図が送られているようです。ほかの同僚女性と何か違うなと感じたら、ダメもとで話しかけてみましょう。(安藤美穂) 【調査概要】 期間:2014年3月11日(火)から18日(火)まで 対象:合計238名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/10 15:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます