田中みな実“丸ごとおしり”本がまたもバカ売れ!鷲見玲奈との“女豹ヒップ”対決に圧勝?

拡大画像を見る

 フリーアナウンサーで女優の田中みな実(34)がプロデュースした『田中みな実×PEACH JOHON ファーストガードルBOOK』が絶好調だ。

 9日、発売元の講談社が10月20日の発売を前に予約が殺到し、緊急重版が決定したことを発表。同ムックには、30代になってガードルの重要性を知ったという田中が初プロデュースしたラベンダーカラーのガードル1枚と、「田中みな実責任編集 1冊丸ごとおしりBOOK」が同梱されており、田中愛用のヒップケアアイテム紹介のほか、美尻にフォーカスした撮り下ろしビジュアルなどが掲載され、女性が憧れる“みな実尻”を徹底追及する内容となっている。

「田中が19年12月に発売した1st写真集『Sincerely yours...』は、『第13回オリコン年間“本”ランキング2020』(オリコン調べ)の写真集部門で1位を獲得。写真集は1万部売れたら御の字といわれるこの時代に、発売後わずか2か月足らずで60万部という驚異的な売上げを叩き出しました。写真集に続き、今回のムック本やプロデュースガードルもバカ売れの予感がムンムンですね」(出版関係者)

 業界関係者としては、まさに“みな実さまさま”といったところだろう。

「雑誌しかり、コスメしかり、ランジェリーしかり、彼女はインフルエンサーとして実際の購買層に働きかけるポテンシャルがケタ違いです。7月15日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、フリーアナウンサーの塩地美澄(39)が田中の写真集印税を“1億2000万円”と予想し話題を呼びましたが、本人の懐はもちろん、出版業界にもかなり貢献してもらっていますよ。今でも十分な脱ぎっぷりなのですが、第2段の写真集ではぜひ前回を上回るものをお願いしたいですね」(前出の出版関係者)

 一方で、田中と同じくグラマラスボディをウリにファン層を広げているフリーアナウンサーの鷲見玲奈(31)も、今年8月4日にファースト&ラスト写真集『すみにおけない』(集英社)を発売したばかりだ。

■“バストトップ出すしかない……”鷲見玲奈、田中みな実に完敗認める

「何度か重版がかかりそれなりに売れてはいるものの、田中の数字には遠く及ばず。8月21日放送の『超S級エンタメ情報 マシマシTV』(日本テレビ系)に出演した際、鷲見は“田中みな実さんがすごすぎて……あれに勝つとしたらバストトップ出すしかない”と完敗を認めていました。男性ファンが期待していたような露出が少なかったため、物足りないと感じた購入者も多かったようです」(前出の出版関係者)

 そんなファンの不満を払拭しようとしているのか、自身のインスタグラムでは写真集以上に大胆なカットをたびたび投稿している鷲見。5日の投稿では、濡れた水着カットやヒップを突き出した“女豹ポーズ”を披露している。

「ガードルのPRのためにセクシーな“女豹ポーズ”を披露した田中を意識しているわけではないかもしれませんが、タイミングが何とも微妙ですね(笑)」(前同)

関連リンク

  • 9/10 12:58
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます