生田斗真&小栗旬「ウロボロス~この愛こそ、正義。」Paraviで初配信決定

【モデルプレス=2021/09/10】動画配信サービス「Paravi」では、10月からスタートする日曜劇場『日本沈没ー希望のひとー』の放送を記念して、生田斗真×小栗旬がタッグを組み、2015年に放送されたドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』を、9月12日22時9分から3か月間の期間限定で配信することが決定した。『ウロボロス~この愛こそ、正義。』 がParaviで配信されるのは今回が初となる。

◆生田斗真&小栗旬「ウロボロス~この愛こそ、正義。」

2015年1月期に放送された『ウロボロス~この愛こそ、正義。』は、神崎裕也の人気漫画「ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ」(新潮社)を生田×小栗という最強タッグでテレビドラマ化した作品だ。

幼い頃、恩人が殺される現場を目撃し、その事件を“金時計”をした警察関係者に握りつぶされた幼なじみの2人の小学生が、20年後にそれぞれ刑事とヤクザになり真実を探り出す。法で裁けない本当の悪を勧善懲悪で裁く、本格警察ミステリーだ。

普段は冴えない刑事だが、圧倒的身体能力を持ち、一旦スイッチが入ると常人離れした格闘能力で悪を粉砕する主人公・龍崎イクオを演じるのは、生田。イクオの相棒で明晰な頭脳とクールな立ち居振る舞いで裏社会をのし上がっていくヤクザ・段野竜哉を小栗が演じる。そして、この壮大なストーリーを引っ張る重要なヒロインでありイクオの表の顔(刑事)での相棒・日比野美月を演じるのは上野樹里。ほかにも、吉田羊、ムロツヨシ、清野菜名、武田久美子、光石研、滝藤賢一、吉田鋼太郎、中村橋之助(現・中村芝翫)が出演。さらに、この物語で重要な役どころである柏葉結子を広末涼子が演じるなど、日本を代表する実力派の豪華俳優陣が集結した。

またこのドラマは日本の連続ドラマとして、当時初めて韓国のアクションチームが参加・指導してアクションシーンを撮影。生田はクランクイン前に韓国で本格的なアクション訓練をするなど、これまでにないレベルのアクションを見せたことでも話題となった。

かけがえのない友情や、登場人物たちのユーモアに富んだキャラクター、スタイリッシュなアクション、スリリングに展開する先の読めないミステリー、勧善懲悪など、女性も男性も大人から子どもまで、誰もが共感できるエンターテインメントのすべてが詰まった、相棒ドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』。10月スタートの日曜劇場『日本沈没ー希望のひとー』の放送を前に、こちらも注目だ。

◆日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」

TBSで10月期に放送する日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』。原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。刊行の翌年にはTBSでテレビドラマ化され、それ以降もドラマのみならず映画やアニメ、漫画など様々なかたちで語り継がれてきた。

刊行から48年の時を経て、この原作に大きくアレンジを加えて新たにお届けする今作は、原作でも描かれていた「環境問題」を、2021年バージョンとして今に照らし合わせて鮮明に描き出す。さらに、主人公を含め登場人物をオリジナルキャラクターにすることで、2023年の東京を舞台にした、今だからこそ描くべき物語を展開。沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描いていく。

主人公・天海啓示(あまみ・けいし)を演じるのは小栗。そして、松山ケンイチ、杏、ウエンツ瑛士、中村アン、比嘉愛未、石橋蓮司、仲村トオル、香川照之など若手から演技派、そしてレジェンドまで日本を代表する俳優が集結。豪華な顔ぶれとなっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/10 11:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます