小島瑠璃子が人気急落でもがき苦しんでいる!? 賢いからこそ理解している現状とは?

拡大画像を見る

 タレントの小島瑠璃子が、人気急落でもがき苦しんでいる。人気マンガ『キングダム』の作者・ 原泰久との破局を告白したが恋愛スキャンダルで深手の傷を負いファン離れが進んでいる。小島と原は2019年1月放送の番組対談で出会い自粛期間中の2020年7月に福岡県の原氏のマンションに連泊。当時、原が離婚から間もなかったことから略奪愛と騒がれた。

「こじるりの好感度はなくなりバラエティーの出演本数を大幅に減らしました。キズものとなったことでCM出演ギャラも急落しタレント価値が落ちてしまいました。以前は清純派で売っていましたが路線を変更せざるえをえない状況となっていますよ。頭がよく、時流を読むのが上手なこじるりだけにもう清純派に戻れないことは理解しています。ぶっちゃけキャラに変貌してバラエティー番組で逆襲しようと考えているようです。下ネタや私生活すべてをさらけ出す覚悟ですよ」(芸能関係者)

 9月3日に放送された「人志松本の酒のツマミになる話」( フジテレビ系)ではチョコレートプラネット・ 長田庄平から破局ネタをイジられ、9月2日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系) でも鬼越トマホークから破局を壮大にイジられていた。

「収録中はイジリを嫌がるそぶりを見せたこじるりですがあれはすべて台本で折り込み済みです。 本人も所属事務所も元彼イジリにゴーサインを出しているから成立し、オンエアーにも乗っているわけです。漫画家との泥沼恋愛を何とか笑いに変えて起死回生策としたいという戦略が透けてみえますね。とはいえ、タレントの誰もが『あの娘は本当に才能がある』と太鼓判を押すほど頭の回転が速く、機転がきくこじるり。いつか必ず需要が生まれる日が来るはずです」(同)

 これまで格下モデルの呂敏や関ジャニ∞の村上信五らと浮き名を流してきたこじるり。指原莉乃やニコル、ゆきぽよ、生見愛瑠、みちょぱ、渋谷凪咲、ファーストサマーウイカらライバルを蹴倒すため、破れた恋愛をばねに飛躍を狙っている。

  • 9/9 7:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます