クラブW杯、日本での開催断念…JFA「様々な制約がある中での開催は非常に困難」

拡大画像を見る

 日本サッカー協会(JFA)は、2021年12月に日本での開催を予定していたFIFAクラブワールドカップについて、開催を断念したと発表した。代替開催地などは、国際サッカー連盟(FIFA)から改めて発表される予定となっている。

 2021年のクラブW杯には欧州王者チェルシー(イングランド)などが参加。2016年以来5年ぶりに日本での開催が決定し、12月9日~同19日に行われる予定だったが、新型コロナウイルスの影響により日本は開催権を返上することになった。

 JFAは今回の決定について、次のように説明している。

「FIFAとJFAは、新型コロナウイルスの感染状況およびそれに伴う現在の開催条件について協議を重ねた結果、FIFAクラブワールドカップを2021年12月に日本で開催しないことを決定しました」

「FIFAクラブワールドカップは、JFA創立100周年の記念事業の一環としての位置づけもありましたが、現時点において、年末の新型コロナウイルス感染の状況を予測し難く、また、観客の人数制限等の様々な制約がある中での開催は非常に困難であるとの結論に達しました」

関連リンク

  • 9/9 21:22
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます