コーヒーとペットボトルがスニーカーに!? 100%防水のサステナブルスニーカー登場

拡大画像を見る

 KickstarterNaviは、コーヒー&ペットボトルから生まれた、100%防水、究極のサステナブルスニーカー「Rens NOMAD」の販売を開始した。クリエイターは、Rens Original (ヘルシンキ, フィンランド)。

 世界で実に年間600万トン以上のコーヒーかすが廃棄され、毎分100万本以上のペットボトルが購入されている今日。そんなコーヒーかすとペットボトルから作られたスニーカーが「Rens NOMAD」とのこと。
 前回実施では街歩き用のスリッポンタイプだったが、「アウトドア用もほしい!」というリクエストに応えて、今回はスポーツやアウトドアに活躍するスニーカータイプを用意した。カラーも6色から選べる。
 「Rens NOMAD」の1足に使われているのは、コーヒー21カップ分の豆のかすと、500mlペットボトル6本分の廃プラスチック。コーヒーの消臭効果、吸水&速乾性は靴の内側の快適さに生かされており、ペットボトルのプラスチックはスニーカーの外側に膜をつくって100%の防水を実現。内からと外から、2つの作用で、100%防水だと蒸れてしまいがちな靴の内側もサラサラをキープする。
 靴の重さは、片足で320g(26㎝)と軽量なので、いろいろな場面で活用できる。
 リターン有りで99ドル(約¥10,862)から。

関連リンク

  • 9/9 20:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます