江口のりこ×赤楚衛二『SUPER RICH』、インターン役に板垣瑞生&野々村はなの

 女優の江口のりこが主演を務める10月スタートのドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の追加キャストとして、若手俳優の板垣瑞生と野々村はなのの出演が発表された。

 本作は、ベンチャー企業の破天荒なアラフォー女性社長を主人公に、幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求める波乱万丈な半生を描く完全オリジナルドラマ。江口がプライベートを顧みず、仕事一筋で生きてきたベンチャー企業「スリースターブックス」の社長・氷河衛を演じる。

 衛を慕い、会社の門をたたく貧乏専門学生の春野優役の赤楚衛二、優秀な右腕として衛を献身的に支える宮村空役の町田啓太のほか、衛と共に激流に巻き込まれていく主要メンバーの配役として、これまで志田未来、矢本悠馬、美保純、茅島みずき、菅野莉央、嘉島陸の出演が発表されている。

 今回出演が発表された板垣瑞生と野々村はなのは、電子書籍のベンチャー企業「スリースターブックス」で、田中リリカ(志田)と共にインターン生になる大学生・豪徳尊(ごうとく・たける)と高橋みゆ(たかはし・みゆ)をそれぞれ演じる。

 板垣が演じる豪徳尊は、インターンの盛り上げ役で、明朗快活な性格の大学生。面接での押しの強さを評価されてインターンに採用される。常にノリは軽く、インターン仲間の女子になれなれしく話しかけてはリリカに一蹴されているが、それでもめげないタフなハートの持ち主。豪徳にとって「スリースターブックス」は、インターン試験を受けたいくつもの企業のうちのひとつであり、もともとこの業界にこだわりはなかったが、インターンとして衛や先輩社員たちと働くうちに、徐々に気持ちに変化が生じていく。

 板垣は「豪徳は明るく社交的な人なのですが、僕もこの前まで学生だった人間として、就職や進路に悩む彼の姿を等身大に演じたいです」とコメント。赤楚とは映画『映像研には手を出すな!』(2020年)で共演しており、赤楚演じる優と豪徳の関係性も見どころだ。

 野々村が演じる高橋みゆは、クールな性格の大学生。常に落ち着きがあり、何でもそつなくこなすことから、インターンに採用されることとなる。お調子者気質である豪徳にたびたびツッコミを入れ、リリカとも気が合うため、無意識のうちに2人のバランス調整役となっている。当初はインターンにそれほど熱意があったわけではないが、「スリースターブックス」に訪れる危機を目の前に、自分の進路に対して決断を迫られることになる。

 本作がゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初出演となる野々村は、「いろいろと卒(そつ)なくこなせてきたけれど、全力を注げる夢にまだ巡り会えていない。そんなみゆにいつかの自分を重ねつつ、一癖ある仲間たちと自分探しをしながら成長していく姿を表現できればと思います」と意気込む。

 木曜劇場『SUPER RICH』は、フジテレビ系にて10月より毎週木曜22時放送。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/9 17:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます