納豆の“ぬめぬめ”がスルンと落ちる洗い方。意外な調味料がお役立ち

拡大画像を見る

 健康フードの代表格のひとつ「納豆」。今年6月に実施されたLINEリサーチの調査*では、なんと30~40代男女の約8割が納豆を「とても好き」または「好き」と回答しています。(*出典:LINEリサーチ/全国15歳~59歳のLINEユーザー男女5252名へのWeb調査、2021年6月4日~7日実施)

 健康のために毎日食べている人も多いそんな納豆ですが、ちょっと面倒なのが「食べた後のパックをどうするか」問題。をキチンと洗わずに捨ててしまうと、ニオイが発生したり、コバエの発生を招いたりする原因に。でも、あの“ぬめぬめ”を洗うのって地味にけっこう大変ですよね。

 今回は納豆パックの正しい捨て方や、『おかめ納豆』でおなじみのタカノフーズ株式会社に聞いた納豆パックの洗い方、納豆の美味しい食べ方について紹介します。

◆そもそも、納豆パックって洗うべきなの?

 その前に、そもそも「納豆パックを捨てる」と言っても、納豆パックは燃えるゴミなのかブラスチックゴミなのか、非常に曖昧(あいまい)なところですよね。納豆パックはどのように捨てれば良いのでしょうか?

 結論としては「お住まいの自治体ごとにルールが異なりますので、公式ホームページでチェックしてください」なのですが、多いのは次のようなパターン。

◆洗えば「プラごみor資源」、洗えなければ「燃やせるごみ」

 静岡県湖西市の公式ホームページでは「ひどく汚れたプラマーク品は、燃やせるごみに出してください。きれいに洗えばプラマーク品として出すことも可能ですが、油などでベタベタした汚れを多量の水で洗い流すことは、環境と処理コストの面でよくありません」と記されています。

 また、大阪府大阪市も「どうしても汚れが取れない場合は、中身の見える透明または半透明のごみ袋に入れて普通ごみとしてお出しください」、福岡県宗像市も「中身が取れないもの、汚れが取れないものは『燃やすごみ』」と定めており、“洗えばプラスチックゴミ(または資源)。洗わなければ燃えるゴミ”という認識が一般的なようです。

 ついつい「洗うの面倒くさいから燃えるゴミでいいや」と思いたくなりますが、東京都立川市では「プラスチックは貴重な資源です」とパンチラインをかましており、SDGsが普及している昨今、環境に配慮した持続可能な生き方が求められています。コバエ発生防止もそうですが、地球のためにもできるだけ納豆パックを洗うようにしたいもの

 ちなみに、東京都青梅市では、納豆のタレの袋について“燃やすゴミ”としており、納豆はゴミ出しが複雑な食材と言えそうです。

 いくら「環境のため」「コバエを発生させないため」と言っても、“ぬめぬめ”がなかなか取れない納豆パックを洗うのは大変です。そこで今回は『おかめ納豆』のタカノフーズ株式会社に、納豆パックの適切な洗い方から納豆の食べ方まで、納豆に関する幅広い疑問をぶつけてみました。

◆納豆パックの汚れには「酢水」! スポンジは使わないで

 ネットでは納豆パックの洗い方として「水にしばらくつけると汚れが落ちやすい」と紹介されていますが、それでもスポンジに臭いやぬめりがついてしまいます。また、手で洗うにしても「ヌルヌルしているから気持ち悪い」と思う人も少なくないはず。どのように洗えば良いのでしょうか?

「スポンジで洗うとスポンジ内にネバネバが入り込んでしまうので、スポンジは使用しないほうが良いですね」(タカノフーズ株式会社、以下「」内コメント同)

 たしかに、納豆パックを洗った後のスポンジって……洗うのが大変ですよね。

「納豆のネバネバ成分は水溶性のため、『ぬるま湯に1~2分漬けておいて、流水で洗い流す』、『漬ける時間がない場合は、そのままぬるま湯で流し洗いする』ことですぐに汚れを落とすことができます。また、酢がネバネバ成分を切る役割をしますので、酢水につけておくとより洗いやすくなるでしょう
 ちなみに、手で洗うのにどうしても抵抗がある方の場合は、(ゴミが増えてしまいますが)キッチンペーパーなどを使用して流水で洗うと良いと思います」

 まさかの調味料、お酢が活躍するとは意外でした。わざわざ別容器で酢水を作るのが面倒な場合は、納豆を入れた容器に少し酢を垂らし、上から水を入れる方法でもいいのかも。この技、テーブルにこぼした納豆を拭くのにも使えそうですね。

◆「納豆は混ぜれば混ぜるほど栄養価が高まる」ってホント?

 せっかくなので、納豆の「食べ方」についても質問してみることに。納豆の美味しさを最大限引き出す、混ぜ方やタレを入れるタイミングの“正解”はあるのでしょうか? ネット上では「納豆は混ぜれば混ぜるほど栄養価が高まる」なんて噂もありますが……。

「納豆の粘りについては、納豆を混ぜていくと、粘りの中に空気が含まれることで舌触りがまろやかになってきます。混ぜる回数によって、この舌触りが変化します。様々な好みがありますので、どの食べ方が美味しいか一概には言えません。ご自分だけのお好みの回数を見つけるのも良いと思います。
 タレを入れるタイミングですが、タレを入れる前にかき混ぜて粘りを出し、後からタレを入れると、よりタレの風味を感じられ美味しく召し上がれます。納豆の栄養素は、混ぜ方や回数、タレを入れるタイミングによって変化しません

 やっぱりそうですよね。では最後に、夏バテを引きずって食欲がない人に向けて、おすすめの食べ方など教えて下さい!

「香味野菜(ネギ、青じそなど)を加えていただくと、食欲が刺激され美味しく召し上がっていただけると思います。夏場は麺類の登場が多かったご家庭も多いと思いますが、麺類は薬味だけだと栄養が偏ります。納豆は、うどんやそば、そうめんなどの冷たい麺類にも相性が良く、栄養もプラスできますよ」

<取材・文/網島レイビン>

【網島レイビン】
ライター兼動画編集者。グルメ系やテック系などの記事を執筆する傍ら、シナリオライティングや動画編集もちょくちょくやっています。

関連リンク

  • 9/9 15:46
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます