片思いの女の子に送っても「既読」のまま放置されてしまうSNSメッセージ9パターン

メッセージのやりとりがイマイチ盛り上がらない人は、トーク内容が女の子にとって返信しづらいものになってしまっているのかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身女性234名に聞いたアンケートを参考に「片思いの女の子に送っても『既読』のまま放置されてしまうSNSメッセージ9パターン」をご紹介します。

【1】「昨日ライブに行ったんだけど…」など日記のように長いメッセージ
「そーゆー個人的なコトはブログに書いてください」(20代女性)というように、1日の出来事を振り返るような内容は読む気がしないのが女の子の本音のようです。例えば「大きな仕事をやり遂げた」など、特別なことがあったとき以外は日記的な内容は避けたほうがいいでしょう。

【2】「○○でランチ」などごく普通の料理写真に添えられたメッセージ
「食通でもないなら、写真をあげないのが無難では…」(20代女性)というように、有名店のものでもないごく普通の料理写真は女の子に無視されるのがオチのようです。ただし、行列ができるようなお店のメニューならリアクションがあるかもしれません。

【3】「はあ、疲れた…」などの返信に困るつぶやき
「同情されるのが好きな『かまってちゃん』は相手にしたくない」(20代女性)というように、ネガティブなメッセージに冷たい女の子も。「疲れた」ではなく「もう一頑張りするぞ!」などポジティブな内容なら、応援メッセージが届きそうです。

【4】「今ひま? 何してる?」などのなれなれしい連絡
「アンタ私の彼氏か?」(30代女性)というように、ともすると恋人気取りと思われるメッセージも注意が必要です。例えば、「今仕事終わりました。○○さんは仕事中ですか?」など、なるべく具体的で丁寧な聞き方にすれば返信してもらえるかもしれません。

【5】「特に用事はないんだけど今から話せる?」など興味がない人からの通話のお誘い
「特に用事はないけど、話したくないです…」(20代女性)というように、親しくない人とは話したいと思えず返答に詰まるようです。暇なときに通話するのは、一度デートをしたことがあるくらい距離が縮まってからにしたほうがいいでしょう。

【6】「これから風呂に入って寝ます」など意味のない連絡
「リアクションに困る。寝るなら返信はいらないのかな」(10代女性)というように、入浴や就寝などの連絡を受けても、どう返していいか分からないという意見も。せめて、「おやすみ!また明日!」などの挨拶を添えたほうがいいかもしれません。

【7】「『もしや!』と窓の外を見る。でも君はいない…」などの自作ポエム
「残念ですが、素人の詩はほぼ寒いです」(20代女性)というように、本人が傑作だと感じた作品も、女の子のウケは良くないことが多いようです。自作はもちろん、自分が大好きな詩のコピペもウザがられることが多いので極力控えたほうがいいでしょう。

【8】つまらない画像や写真に添えられた「これ面白くない?」というメッセージ
「ほとんどの場合コメントのしようがないです…」(20代女性)というように、全く興味のわかない写真などを送られて困惑したことがある女の子も。メッセージを送るのは笑いのツボが似ている女の子限定にしたほうがいいかもしれません。

【9】「二人で遊びにいこ!」などその気がない男性からの積極的すぎるお誘い
「しつこいときは放置するしかないよね…」(20代女性)というように、付き合う気がない男性からの熱烈なアプローチに困って返信できずにいる女の子も。デートに誘うのは、女の子から頻繁にメッセージが届くらい、親しくなってからにしたほうがよさそうです。

女の子が自分と同じことに興味を持っているとは限りません。相手の女の子がどんなことが好きなのか、どんな笑いのツボを持っているのかなどを知っておくことが、メッセージのやりとりを盛り上げるコツといえるかもしれません。(外山武史) 【調査概要】 期間:2013年6月20日(木)から6月27日(木)まで 対象:合計234名(10代、20代、30代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/9 13:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます