女子校出身女子がしがちな恋の失敗9パターン

男子の視線を気にせず中高時代を過ごしてきた女子には、独特の行動パターンがあります。それが恋愛では悪い方向に作用することもあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「女子校出身女子がしがちな恋の失敗」をご紹介します。

【1】マンガのようなシチュエーションを本気で求めてしまう
「初デートは遊園地、告白は海…とか、結構本気」(10代女性)など、恋愛に不慣れな女子校出身女子は、リアルな恋愛にも夢のような感動を求めてしまうようです。その理想をクリアできる男子はかなり少数派なので、夢を見過ぎるのは考えものかもしれません。

【2】好きな人ができると女友達に品定めさせてしまう
「すぐ女友達に紹介しようとして引かれてしまった」(20代女性)など、女子校ならではの女同士のベッタリな関係にドン引きする男子もいるようです。品定め目的で女友達に会わせるのはやめ、恋愛が軌道に乗ってから紹介したほうがいいでしょう。

【3】男子に優しくされただけで勘違いしてしまう
「携帯番号を聞かれただけで過剰反応(苦笑)」(20代女性)など、男女間の友達関係に免疫がない女子校出身女子は、異性とのちょっとしたふれあいにも意味を見出し、早合点してしまうようです。男子を極端に警戒せず、まずはたくさん友達を作りましょう。

【4】下ネタなど会話がオープンになりすぎてしまう
「女同士のテンションでえげつない話をしちゃって大失敗」(10代女性)など、女同士で歯に衣着せぬ会話をしてきた女子校出身女子は、男子にもオープンに話し過ぎてしまうことがあるようです。合コンなどに参加して、男子が引かない会話の境界線を探りましょう。

【5】脚を広げて座るなど、がさつな行動をしてしまう
「これまで男子の視線がなかったから、つい…」(20代女性)など、長年の癖で、うっかり女子らしからぬ動きをしてしまう女子もいるようです。脚は揃えて座る、生理用品を素手で持ち歩かないなど、まずは基礎的な女子力アップをはかりましょう。

【6】初対面の男性と話すことができずムッツリしてしまう
「男子と話すだけで大緊張。楽しく会話なんてムリ!」(20代女性)など、異性に不慣れな女子校出身女子は、緊張のため男子の前で押し黙り、機嫌が悪いと思われることがあるようです。「女子校出身だから慣れてなくて…」と先に言うと、「ウブでかわいい」と感じる男子も多いでしょう。

【7】大学に入れば必ず彼氏ができると期待してしまう
「女子校だから彼氏がいないんだと思ってた(笑)」(10代女性)など、大学に「バラ色のキャンパスライフ」という過剰な期待をかける女子もいるようです。とはいえ、恋愛がうまくいくかは自分次第。楽しく過ごしたければ、サークルや合コンなど出会いがある場に積極的に参加しましょう。

【8】理想が高く、男性に求める条件が厳しくなってしまう
「夢ばっかり膨らんで、気づけばプライドの高い女に…」(20代女性)など、現実を知らないために、男子に極端な理想を押し付けてしまう女子もいるようです。恋愛は条件でするものではありません。肩書きばかり気にするのはやめたほうがいいでしょう。

【9】合コンなどで頑張りすぎて浮いてしまう
「頑張りすぎていつも空回り(苦笑)」(20代女性)など、華麗な大学デビューをはかろうとして悪目立ちし、結果的に「イタい子」になってしまう女子もいるようです。頑張り過ぎるよりは自然体でいたほうが好感度が高いことを覚えておきましょう。

ほかにも「女子校出身女子は恋愛でこんな失敗をしがち」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/9 11:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます