“とびだしとび太”の「木製キーホルダー」&「木製スタンドメモクリップ」が新登場


オリジナル商品の企画・制作・販売などを手掛けるヘソプロダクションは、元祖飛び出し注意看板「とびだしとび太」の製作で有名な看板制作会社「久田工芸」の企画協力のもと、看板風木製シリーズ「木製キーホルダー」と「木製スタンドメモクリップ」を新発売する。

とび出し注意キャラクターの元祖

大きな目で「運転に気をつけて」とアピールするいじらしい「とびだしとび太」は、車の交通量が急激に増えた高度成長期に、滋賀県八日市市社会福祉協議会の依頼により、急増していた子供の飛び出し事故を未然に防ぐ看板として、1973年6月、地元の看板製作会社「久田工芸」で製作され、八日市市(現・東近江市)内に設置されたのが始まりとされる。ここで製作されたとび出し注意看板が、現在主流となっているとび出し注意キャラクターの元祖であると言われている。

看板風木製キーホルダー


「とびだしとび太 看板風木製キーホルダー」のマスコット部分のサイズは約W35×H50mmで、価格は450円(税抜)。

看板風木製スタンドメモクリップ



「とびだしとび太 看板風木製スタンドメモクリップ」の立てた状態のサイズは約W60×H110mmで、価格は500円(税抜)。看板と台座は別パーツとなっている。

いずれも、滋賀県内のお土産店舗やバラエティショップなどで、9月上旬から順次発売予定だ。

可愛い「とびだしとび太」の看板風木製シリーズを手に入れてみては。

©久田工芸 ®️J.Kawamura

画像をもっと見る

  • 9/9 11:00
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます