テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』玉川徹は「社員泥酔骨折騒動」を完全スルー!元E-girls、Zeebra、石田純一…コロナで「裏切った」タレント!!

拡大画像を見る

 テレビ朝日は9月7日、東京オリンピック関連の番組を担当したスポーツ局の社員及びスタッフ10名が、閉会式の当日夜に飲酒を伴う宴会を行っていた問題で、参加した6名を10日間の謹慎処分とした。

 また、上司のスポーツ局長とスポーツセンター長は管理監督責任を問い減給1か月の処分に、スポーツ局統括の亀山慶二社長、スポーツ局担当の浜島聡常務も役員報酬を1か月、10%返上するという。

 この一件は、緊急事態宣言下に深夜まで飲酒したこと、さらに、うち1名は誤って雑居ビルの2階から転落し、骨折の大ケガを負ったことも大きく報じられた。

「騒動直後、テレ朝の情報番組・報道番組では謝罪と説明に追われました。『羽鳥慎一モーニングショー』では、テレ朝局員でコメンテーターの玉川徹氏(58)が約3分にわたって謝罪を行なっていましたよね」(制作会社関係者)

 8月11日の『モーニングショー』では、玉川氏が「テレビ朝日の社員として、視聴者のみなさまの信頼を損ねたことに謝罪を申し上げます。申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げて謝罪。

 さらに、「恥ずかしい、怒りを禁じ得ない」とし「なぜこういうことが起きてしまったのか。調査委員会などを作って、すべて明らかにする必要があると私は思う」とコメント。

 また、「社員個人の資質の問題なのか、指導が足りなかったのか。それとも、テレビ朝日の構造的な問題なのか。すべて明らかにして、視聴者のみなさまにすべてお伝えする。そこからしか信頼は回復できないと思う」と断じた。

 この日、ツイッターでは「玉川さん」がトレンド入り。玉川氏の謝罪とコメントを、多くの視聴者が話題にしていた。

「玉川氏はその後の放送でも触れ、騒動に関わった人たちを“バカ”と称していましたね。ただ、騒動発覚から1か月半の間、『モーニングショー』で同問題を検証することはありませんでした。また、今回発表された処分内容、再発防止策について番組で取り上げることもなく、玉川氏も“完全スルー”だったんです。

 そもそも番組で取り上げなかったため、玉川氏も触れられなかったのかもしれませんが、視聴者からは疑問を呈する声が上がっています」(前同)

■“密フェス”「NAMIMONOGATARI」出演のZeebraに批判の声

 ネットには「局の方針で番組では一切触れない、ということなんだろうけど、ジャーナリストとしての矜持があるなら玉川は何らかのアクションを起こしてもいいのでは、と思う」「玉川さん、事が発覚した時はあれだけ騒いでいたのに、社内処分と再発防止についてはだんまりですか」といったコメントが寄せられている。

「玉川氏はコロナ禍での東京オリンピック中止を主張していた代表的なコメンテーターの1人ですし、『モーニングショー』はコロナに対し、時には過激と言われるほど強く警鐘を鳴らしていた番組の1つです。にもかかわらず、社員の処分内容はスルーというのは矛盾だと思われても仕方がない。そのため、“裏切り”だと感じる視聴者も少なくないのでしょう」(前出の制作会社関係者)

 コロナで多くの人を“裏切って”しまった有名人は少なくない。愛知県常滑市8月29日に開催された野外音楽フェス「NAMIMONOGATARI(波物語)2021」に出演した、ラッパーのZeebra(50)もその1人だろう。

 同イベントでは、8000人もの観客がステージ付近に密集し、酒を片手にノーマスクで声を上げる様子がメディアやSNSなどで取り上げられ、大きな波紋を広げている。

 経済産業省は9月7日、新型コロナウイルス感染対策が不十分だったとして、交付予定だった最大3000万円のイベント支援補助金を取り消す方針を決めた。また、イベント参加者の14人が新型コロナウイルスに感染。愛知県はクラスターとして認定した。

「NAMIMONOGATARI」に出演したZeebraは、イベント翌日にツイッターで「県のルールに則ってると聞いていたので出演しましたが、開けてみたら危険な状況でした」と、会場のコロナ対策について事前に知らされていなかったと説明し、「ヒップホップシーンを牽引する立場として責任を感じてます。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 イベントを主催したoffice keef社は、公式サイト上に謝罪文を掲載。「今回の出演者はイベント制作には一切関係ありません」と出演者に非はないとしている。

 ところが、9月7日発売の『FLASH』(光文社)では、「NAMIMONOGATARI」は2005年のスタート以来、Zeebraが所属する会社が制作協力してきたイベントだと報じている。

 誌面には、2015年7月の「NAMIMONOGATARI」終了後に撮影された、office keef社の代表取締役・A氏とZeebraが並ぶ写真も掲載されている。

「『FLASH』には、“ヒップホップシーンを牽引する立場”という自覚があるのであれば、懇意にしているA氏に、Zeebraから事前に運営委体制の不備を指摘するべきだし、運営サイドとして謝罪するべきだという音楽関係者のコメントもありますが、Zeebraに“裏切られた”と感じているヒップホップファンも少なくないのではないでしょうか」(芸能記者)

■元E-girls・須田アンナ&YURINOは「NAMIMONOGATARI」参加後のYouTubeが大炎上

 元E-girlsの須田アンナ(23)とYURINO(25)は9月6日、その「NAMIMONOGATARI」に観客として参加していたことをYouTubeで謝罪した。

 須田とYURINOについては、ノーマスクでイベントを楽しむ様子がSNSで拡散され、波紋を広げていた。

 9月1日、2人は感染対策が不十分だったことをSNSを通じて謝罪し、動画配信を停止していた。そして6日、「1週間お休み頂いてました」と題した動画を投稿。

 冒頭、「みなさんどうもこんにちは、アンエンユリです! イェーイ!」と笑顔でピースサインを見せると、須田は「このご時世にしてはいけないことをしてしまって。ここ数日、チームの皆さんとゆっくり何度も深くいろんなことを話して、考える時間になりました」とコメント。

 続けて、「もちろん私たちもヘラヘラしてたわけではなく、その事実に向き合って反省もしたし、どうするべきかの話し合いをしてきました」と経緯を説明した。

 YURINOも「本当にとにかく自分たちと向き合う時間の中で、どうやって自分たちは自分らしく前に進むかとかを考えた上でこういうスタートっていうか、久しぶりの1週間ぶりの動画になってます」と語った。

 しかし、いつもの動画と変わらない明るい雰囲気に、視聴者からは「やってしまった事は仕方ないけれど、1発目の動画がこれは流石に呆れてしまいました」「1週間休んで反省した結果がこれかよ」「芸能人であろうと一般人であろうと人間としての常識を忘れないで下さい」「キラキラ輝いとる2人が好きでした。憧れでした。すごい悲しい、、、」といった批判的な声が殺到。

「動画は高評価が2000件に対して、低評価は2万3000件(9月9日7時現在)となっています。この反応を受けて、ようやく2人は事の重大さに気づいているのではないでしょうか。

 コロナといえば、石田純一(67)は昨年春の感染拡大当初から現在に至るまで、そのスタンスを変えることなく、またしてもノーマスクでの飲み歩きが報じられました」(前出の芸能記者)

■石田純一、ラジオで“ノーマスク宴会”謝罪も東尾理子の心境は……

 東京に緊急事態宣言が出されていた7月下旬、石田は午後8時過ぎに都内の会員制バーに入り、出てきたのは深夜0時過ぎだったと、8月30日の『NEWSポストセブン』が伝えた。記事によると、ノーマスクで店から出てきた石田は酔った表情で足元もふらついていたという。

 9月2日、石田は木曜コメンテーターを務める『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』(文化放送)に出演。番組冒頭、「いろんな意味で不快な思いをされた方には申し訳ないと思います」と謝罪した。

 しかし、バーと報じられた店について「ここは営業しているところではない」とし、ノーマスクについても「出てきたときにマスクをしていなかったことは軽率だった」「マスクを取り出そうとしていたところをとらえられた」と釈明した。

 斉藤一美アナウンサー(53)から「番組は我々のものではなく、リスナーのもの。今の説明で納得してもらえれば嬉しいですが」と言われた石田は、「納得されない方多いでしょうね。不徳の致すところです」と話した。

「昨年4月に仕事で訪れた沖縄で体調不良を訴え、帰京後にコロナ感染が発覚。さらに同年8月にもノーマスクで飲み会に参加する様子が報じられました。しかし、あれから1年が経った今もその考えは変わっていないということでしょう。妻でプロゴルファーの東尾理子氏(45)の精神的負担は計り知れないものがあるでしょうね」(前出の芸能記者)

 コロナの再拡大と比例するように、時流を読めない一部の芸能人への批判も増えている――。

関連リンク

  • 9/9 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • ***

    9/20 12:04

    「裏切ったタレント」か、そんなにタレントがした行為を裏切りとして批判したいなら今からでも繁華街行ったら?うじゃうじゃ居るからな、裏切り行為するアホやバカ、人間のクズが。

  • トリトン

    9/19 11:07

    朝日はなんねんか前にも不祥事おこして玉川が今度から徹底的に規律を厳しくしてやり直すとか言ってたね、変わって無いやん、さすが朝鮮テレビ局もう忘れてるのかな。

  • 反省や改善がないテレビ朝日と石田純一はともかく、反省と謝罪をしているZeebraって方を責めるのは間違っているだろう。たとえ後からでも失敗だったと気付いて、改めようとしている人にムチ打つようなマネはやめましょう。

記事の無断転載を禁じます