「新婚」ゴールデンボンバー鬼龍院翔、妻以外との「10年恋人」二股は「プロポーズ10日前むつみ荘お泊り愛」オードリー春日と「丸かぶり」!

拡大画像を見る

 ゴールデンボンバーの鬼龍院翔(37)が9月4日、自身のブログで結婚したことを発表。相手について「現在も過去にも芸能活動歴の無い一般の方」と説明した。

 ところが、9月8日の『文春オンライン』が、鬼龍院には今年まで10年にわたって交際してきた女性A子さんがおり、妻との交際がスタートしてからもA子さんとの関係が続いていたと報じたのだ。

 鬼龍院とA子さんはゴールデンボンバーがブレイクする10年以上前に知り合い、やがて男女の仲に。2012年にバンドが『女々しくて』でブレイクすると、ライブにA子さんを招待するようになっていたという。

「その後、のちに妻となる女性と出会いますが、それ以降もA子さんとの関係は今年まで続いたといいます」(芸能記者)

 鬼龍院の所属事務所は『文春オンライン』の問い合わせに対し、10年にわたって懇意にしている女友達がいることは事実だと認めたうえで、最後にA子さんに会ったのは3月で、そのときに結婚の予定があることを伝え、それ以降は会っていないと説明している。

『文春オンライン』の記事公開から30分後の8日16時30分、鬼龍院は自身のブログに謝罪文を掲載。

「この度はゴールデンボンバーを応援してくださるファンの皆様、お世話になっている関係者の皆様にご心配やご迷惑をおかけしたり、ご不快な思いをさせてしまうと思います」とし、「メンバーの喜矢武(豊)さん、(歌広場)淳さん、(樽美酒)研二さんには謝罪致しました。プライベートな事でメンバーのみんなに迷惑をかけてしまうと思います。本当に申し訳ございません」とメンバーにも言及。

「妻にも謝罪致しました。家族については触れないと言った直後にこのような投稿をすることになってしまい、本当にすみません」とあらためて謝罪した。

「今回の鬼龍院のスキャンダルに衝撃を受けているファンも少なくありませんが、結婚発表直後の“二股スキャンダル”というのはオードリーの春日俊彰(42)と“丸かぶり”ですよね」(前同)

■相方・若林正恭も号泣の公開プロポーズ10日前にむつみ荘への“連れ込み”

 2019年4月18日、春日は『ニンゲン観察バラエティ「モニタリング」』(TBS系)で、11年にわたって交際していた女性に公開プロポーズを行って見事に成功。その場に居合わせた相方の若林正恭(42)も号泣し、思わずもらい泣きする視聴者も少なくなかった。

 しかし、同月26日発売の『FRIDAY』(講談社)が、公開プロポーズの10日前、春日が金髪美女を当時住んでいた自宅アパート「むつみ荘」に連れ込んでいたという記事を掲載。

 春日の所属事務所が問い合わせに対し、「とんだ大バカ変態野郎ですね」と回答したことも話題を呼んだ。

「当時の『FRIDAY』によると、春日と浮気相手の女性は周囲からは公然の関係にあり、飲み会後にむつみ荘に行くことが定番になっていたといいます。そういった意味でも鬼龍院と重なりますよね。彼も10年にわたってA子さんと関係を続け、ライブに招待していたといいますから、関係者もその存在は知っていたはず。

 春日は『FRIDAY』発売翌日の『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で“本当に申し訳ないと思っています”と生謝罪しましたが、報道直後に謝罪するという点でも鬼龍院と春日はまんま被っていますよね」(前出の芸能記者)

 春日には2020年5月に第1子となる女児が誕生。幸せな家庭生活を送っているというが、鬼龍院は果たして――。

関連リンク

  • 9/9 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます