「そいつは多分…」夢の中の子の心当たり【LINE怖い話 #26/夢の中の子 5】

知らない人からLINEが来る。そんな経験をしたことはありませんか?

多くの人は、詐欺やいたずらだと思って無視してしまうでしょう。でも、中には違和感を覚えるものもあるようです。

LINEの向こう側にいるのは、人間なのでしょうか。それとも……。

連載「LINE怖い話」では、LINEにまつわる怖い話をお届けします。

「夢の中の子」その5


キャンプ場から丸い石を持って帰ってきてから、妙な夢を見るようになり、寝坊することが多くなった健介さん。

夢の中で健介さんは誰かと一緒にあのキャンプ場をさまよい、夢と分かってもなかなか起きることができませんでした。

さらに、その夢を見ている間に「(O_O)」というアカウントと無意識にLINEをしてしまうことも謎でした。

(O_O)から送られてくるLINEの内容は、キャンプに一緒に行った亮さんのような感じもしますが、この話を彼にしたところ、自分ではないものの心当たりはあると言われました。



何を言い出すのだろう、と健介さんは思いましたが、亮さんは話を続けました。

先日健介さんと亮さんが行ったキャンプ場は、亮さんが小学4年生まで住んでいた地域で、あのキャンプ場一帯もよく遊び場になっていたそうです。

小学3年生の頃、亮さんは同い年のヒロくんという子とよく遊んでいました。

ある日ヒロくんは、健介さんが拾ったようなまん丸の石を見つけました。

見つけたのはヒロくんでしたが、岩の隙間に挟まってなかなか取ることができず、木の枝を駆使してやっと取り出せたのは亮さんでした。完全な球体に近い、綺麗な石だったそうです。

「先に見つけたのはこっちなんだから、俺のものだろ」とヒロくんは石のことで相当不機嫌になっていたようですが、幼かった亮さんは石を取り上げたまま譲ろうとしませんでした。

帰り道の雑木林で、ヒロくんの怒りは爆発。無理やり亮さんから石を奪おうとして揉み合いになりましたが、足を滑らせたヒロくんは歩道から外れ、斜面を落ちてしまいました。

それほど高い斜面ではないはずですが、落ち葉と雑草に埋もれてヒロくんの姿は見えず、声も聞こえません。

丸い石は、まだ亮さんの手の中にありました。目印にその石を足元に置き、亮さんは大人を呼びに行くため雑木林を出ました。

しかし大人を連れて戻ってきたときには、目印にしていたはずの丸い石は見当たらず、ヒロくんも見つからなかったそうです。

結局その件は未解決のまま、亮さんは翌年引越しをしました。親の転勤のタイミングでもあり、本人も地元にいづらく思うことが多かったと言います。

健介さんはその話を聞いて決心しました。

やっぱり、あの石は手放そうと思いました。本当に、見れば見るほど魅力的に思えていたんですが、亮の話を聞いてからちょっと気味悪く感じてしまって」

石の魅力に取り憑かれていた健介さん、ようやく目が覚めたようですが……。


連載「LINE怖い話」は毎日更新中です。

(園田亜真理)

※この物語はフィクションです。実在する人物・団体とは一切関係がありません

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/8 18:30
  • LAURIER PRESS(ローリエプレス)

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます