『プロミス・シンデレラ』“壱成”眞栄田郷敦、“早梅”二階堂ふみ抱きしめ放った一言にネット興奮

 女優の二階堂ふみが主演を務めるドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系/毎週火曜22時)の第9話が7日に放送され、早梅(二階堂)を抱きしめた壱成(眞栄田郷敦)がつぶやいた一言に、ネット上には「最高かよ(昇天)」「破壊力抜群」「鼻血でる」といった反響が巻き起こった。

 早梅と壱成は花火デートに出かけたものの、菊乃(松井玲奈)の妨害によって2人で花火を観ることは叶わなかった。菊乃にケガをさせられた早梅を自宅に連れて帰った壱成は傷の手当をしつつ突然、彼女にキスをする。「俺のことだけ見とけよ!」と告げる壱成に、早梅は驚きながら「こっちはずっと弟みたいな感覚だったしそれに…私10コも年上だし…」と戸惑いを隠せない。

 その後、菊乃は早梅の周囲の人々に危害を加えることを示唆。菊乃の嫌がらせは早梅の職場でもある旅館・かたおかにまで及ぶ。早梅は菊乃の問題と壱成との関係について一人で悩みを抱え込んでしまう。

 居候している片岡家を出て行こうと考えている早梅にイライラを募らせる壱成。そんな彼に早梅は「怒らないでよ! 私だって色々あってどうすればいいか分からないんだから!」と声を荒げる。すると壱成は「俺がお前に一番聞きたいことってこういうことじゃねえんだよ」とポツリ。「俺のこと、マジで弟みたいなもんだとしか思ってねえって…それがお前の答えなのかよ?」と話す。「それは…」と口ごもる早梅に、壱成は穏やかな口調で「抱きしめていい?」と問いかける。この言葉に、ネット上には「抱きしめていい?は反則だよ…」「いけ!!!!!抱きしめろ!!!!」「いちいち聞くのかわいいかわいいかわいい」などの声が集まった。

 戸惑いながらも「いいけど…」と応える早梅。そんな彼女を壱成は力強く抱きしめる。壱成の胸に身体を預ける早梅。壱成は身体を離し、早梅としばらく見つめ合うと「それ、弟に向ける顔じゃなくね?」とつぶやくのだった。

 早梅と壱成のハグシーンに、ネット上には「この身長差いいですねえ」「体格差悶え死ぬ」「本当に壱成と早梅の体格差たまらん優勝!!!」「身長差ハグ最高すぎて泣ける…」といったコメントが殺到。さらにハグの後の壱成の一言に対しても「最高かよ(昇天)」「は〜〜〜〜〜〜ありがとうございます(昇天)」「破壊力抜群」「興奮しちまって寝れねえよ」などの投稿が相次いだ。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/8 18:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます