U-19オランダ代表から“強制送還”…“神童”と謳われたX・シモンズら5選手に何が?

拡大画像を見る

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するMFシャビ・シモンズら5選手が、U-19オランダ代表から所属クラブへと“強制送還”されていたことが明らかになった。7日、オランダメディア『デ・テレグラフ』が報じている。

『デ・テレグラフ』によると、今回U-19オランダ代表の活動から除外されることになったのは、X・シモンズのほかにFWアルジャニ・マルタ、FWナジ・ユニュバル、DFリオ・ヒレン(以上アヤックス)、FWミメイルヘル・ベニータ(フェイエノールト)。事の経緯は、まずマルタとベニータが代表チームの宿舎に2人の女性を連れ込み、大音量で音楽を流した。そして、別の部屋でテレビゲームをしていたX・シモンズ、ユニュバル、ヒレンがその音を聞きつけ、部屋に様子を見に行った模様だ。

 X・シモンズら3人はすぐにその部屋を出たようだが、外部の人間と接触したという判断を下され、コロナ禍における健康保護プロトコルに違反したとみなされた。U-19オランダ代表のバート・コンテルマン監督は、5選手に代表活動からの除外を通告。0-3で敗れた6日の国際親善試合のU-19イタリア代表戦への出場はなかった。

 オランダサッカー協会(KNVB)の広報担当者は『デ・テレグラフ』の取材に対し、以下のように語っているという。

「5選手はバブル方式の規則を破ったため、所属クラブに戻された。代表チーム内での感染を防ぐために、厳格なプロトコルが用意されている。プロトコルを遵守することで、チーム内で感染が広がる可能性を最小限に抑えることができるからだ」

 現在18歳のX・シモンズは、バルセロナの下部組織出身。幼い頃から類まれな才能を見せ、“神童”“新たなシャビ”と称されていた。2019年7月には、PSGへと移籍。2021年2月10日には、クープ・ドゥ・フランス(フランス杯)ラウンド32のカーン戦で途中出場し、トップチームデビューを飾っている。

関連リンク

  • 9/8 16:51
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます