櫻坂46菅井友香「レコメン!」涙の卒業発表「涙が止まらなくてすみません」

【モデルプレス=2021/09/08】文化放送のワイド番組『レコメン!』(月曜から木曜22時~)の月曜24時台のWパーソナリティを務める櫻坂46・菅井友香が、9月いっぱいで番組を卒業することを6日放送の当番組で発表した。

◆菅井友香「レコメン!」卒業を発表

『レコメン!』の月曜24時(火曜0時)台に、お笑いグループ・オテンキののりと共にWパーソナリティを務めている菅井。この日、菅井はリモートで出演し、「9月いっぱいで月曜Wパーソナリティを卒業します」と番組卒業を発表した。

「さみしいですけど、4年半お世話になったので。ありがとうございます」と語り、「“生きるとは変わること”という歌詞の意味が今なら理解できると思います」と話すと、欅坂46の「二人セゾン」を選曲しオンエア。「二人セゾン」が放送されている間、「今日は明るくいこうと思ってたのに、涙が止まらなくてすみません」と涙を流した。

◆菅井友香、4年半を振り返る「いろいろなことがあった」

0時の時報が明けてからも、BGMに「二人セゾン」が流れると「寂しいです、自分で言って改めてそうなんだなって」と涙声になりながらも気丈にふるまいながら話し、「4年半いろいろなことがあったけど、月曜日、こうやって続けさせていただいて本当にありがたい環境だったと実感していますし、感謝しています。いっぱい思い出があって数えきれないです。自分が出演しているところを聴き直しているとき、ラジオが難しいな、まだまだだなと感じることがすごく多かったので、ラジオの楽しさと一緒に、難しさも感じました」と語った。

さらに、「放送が月曜日で、土日のライブとか発表のあとにレコメンでお話しさせていただくことが多かったので、不安定だったときは大変だなと思うこともあって。でも自分の声でファンのみなさんにお話しできる場があるのがありがたいなって感じていました。スタジオに入るときに怖いなと思ったときもあったんですけど、放送前にのりさんがいろいろ話してくださって、笑顔で楽しく放送できました」とこれまでの番組出演を振り返った。

なお、本日8日までの『レコメン!』は“がんばりき祭り!”と題し、菅井が6日から3日連続生出演。昨日7日は日向坂46加藤史帆と、本日8日は乃木坂46田村真佑と共演する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/8 10:47
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます