芦田愛菜、17歳の大人らしさに垣間見えた「将来の伴侶は芸人!?」

 初登場から10年でこんなに大人っぽくなっていたとは! 9月6日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演した女優の芦田愛菜に、出演者も視聴者も驚きを隠せなかったようだ。

 同番組には定期的に出演している芦田。初出演はまだ小学校入学前の2011年3月28日で、当時の映像では10個ほどの風船を手に笑顔満開で登場する姿が実に可愛らしかった。それが17歳の高二になった今では真珠のネックレスを着けるようになり、MCのくりぃむしちゅー上田晋也も「それが似合う年ごろになった」と感心の様子だ。

「視聴者としては幼少時から知っていることもあり、未だに“小さな娘さん”というイメージで見てしまいますが、今や顔つきも立派な大人に。先入観を抜きにすれば、二十歳の若手女優と言われても信じてしまいそうです。この日も白Tシャツとジーンズの組み合わせが似合っており、もはや体つきも幼児体型ではなくなっていました」(芸能ライター)

 その芦田、子役のイメージが強いためか「好きな男性のタイプ」を訊かれる機会はあまりないが、今回の放送を見た視聴者の間からは「将来は芸人と結婚しそう」という声も聞こえてくるという。それは一体どういうことなのだろうか?

「以前から言われていることですが、顔つきが大人っぽくなるにつれ、ますますフジテレビの山﨑夕貴アナに似てきたともっぱらの評判です。芸歴では芦田のほうが1年先輩なので、むしろ《山﨑アナが芦田に似ている》と言うべきかもしれませんが、髪型や顔の輪郭が似ており、いつでも姉妹役ができそう。その山﨑アナは夫が芸人の“おばたのお兄さん”であることも有名な話。そのため芦田に関しても芸人と結婚しそうとの声が出てくるというわけです」(前出・芸能ライター)


 果たして芦田はどんな男性と付き合うのか。そんな話題が取りざたされる年齢になってきたことに、時の流れを感じる視聴者も多いことだろう。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/8 8:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます