ごめんちょっと無理!男性がドン引きするスキンシップとは

拡大画像を見る

スキンシップをすると、彼との仲がグッと深まりますよね。でも、スキンシップの仕方によっては、彼の気持ちが離れてしまうこともあります。そこで今回は、男性がドン引きするスキンシップを4つご紹介します。


人前でのスキンシップ

男性は、2人きりのとき以外はスキンシップしたがらない傾向があります。人に見られていると、嬉しさよりも恥ずかしさが勝ってしまい、居心地が悪いのだとか。カッコつけたがりな男性は、他人にデレデレしている姿を見られたくないのでしょう。2人きりになるまでは、スキンシップは我慢ですよ♡


過剰なスキンシップ

抱きついたり腕にしがみつくなど、過剰なスキンシップをされると、気持ちが萎えてしまう男性は多いようです。彼を喜ばせたいなら、さりげないスキンシップが効果的。意図的に触れているのか、偶然触れたのか分からない方が、ドキドキするのです。過剰なスキンシップは避けて、さりげないスキンシップを心がけてくださいね。


無理やりなスキンシップ

彼女からスキンシップされるとキュンとなる男性は多いですが、だからといっていつでもウェルカムなわけではありません。男性だって、気分がのらないときもあるんですよ。そんなときに無理やりスキンシップされても「自分勝手だな」と思い、ドン引きするだけです。スキンシップは、彼の気分を確認してからにしましょう。


空気を読まないスキンシップ

時間に追われていたり、仕事に集中しているときにスキンシップされると「うっとうしい」と思うものです。いくら好きな彼女からのスキンシップだとしても、空気を読まないその行動にドン引きすることもあります。スキンシップは、タイミングが重要!「今なら彼を喜ばせられる♡」と思うタイミングで、スキンシップしてみてくださいね。
彼のテンションやその場の空気を読んでスキンシップすれば、きっと彼も喜ぶはず。ドン引きされないためには、タイミングを見計らうことが大切ですよ♡
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/8 6:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます