今田美桜「ドクターX」続投決定 2年ぶり米倉涼子との再会に緊張&感激

【モデルプレス=2021/09/08】女優の今田美桜が、10月スタートの女優・米倉涼子が主演を務める『ドクターX~外科医・大門未知子~』の新シーズン(テレビ朝日、毎週木曜よる10時~)に出演することが決定した。

◆「まさか続投できるとは!」今田美桜が前シリーズに続き『ドクターX』参戦

この秋、待望の第7シリーズが放送される同作。最新作では、狂言師・野村萬斎がフリーランス外科医・大門未知子(米倉)にとって《最強の敵》となる内科部長・蜂須賀隆太郎役で初参戦する一方、おなじみの『ドクターX』ファミリー(内田有紀、勝村政信、鈴木浩介、岸部一徳、遠藤憲一、西田敏行)も再集結。100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、未知子が新たな戦いへと身を投じていく。

この第7シリーズに、2019年放送の第6シリーズで『ドクターX』デビューを飾った今田も、前回と同じ「東帝大学病院」の看護師・大間正子役で出演することが決定。「前回のラストで、正子は実家がある青森に帰った設定だったので、まさか続投できるとは思わなくて!出演が決まったときは本当にビックリすると同時に、また皆さんとお会いできることが、すごくうれしかったです」と声を弾ませる今田が、さらに成長し、たくましくなった正子を全身全霊で演じる。

◆米倉涼子のカッコよさと優しさに感激

すでにクランクインした今田は「撮影は相変わらず緊張します(笑)。今回は初日から『ドクターX』オールスターの皆さんが集結していたこともあって、さらに緊張しました」と、素直な心境を明かす。

そんな今田の心をほぐしてくれたのが米倉。実は、現在放送中の共演CMでは撮影が別々だったため、実際に会うのは前回の『ドクターX』ぶりだったのだとか。そのため「初対面のときと同じくらい緊張していました」という今田だが、「米倉さんが気さくに「久しぶり!」と声をかけてくださって、ホッとしました(笑)。患者さんを思う気持ちが誰よりも強い大門先生同様、米倉さん自身もとてもカッコよくて優しい方です!」と、感激冷めやらぬ様子だった。

◆今田美桜「さらに『たくましさ』を出して演じたい!」

今田が演じる正子は、看護師として高い志を持つ頑張り屋。しかし、新人だった前シリーズでは青森の実家に仕送りをするため、他病院やガールズバーでの夜間バイトにも励んだせいで、ミスを連発…。当初はまだまだ半人前だった。

ところがその後、未知子のオペを手伝ったことで開眼。ついに未知子からも一人前だと認められ、看護師一本でやっていくことを決意したのだが…。

そんな正子が第7シリーズでは、看護師としてさらなる高みを目指し、進化していくことに。今田によると「監督からは『都会感を出してほしい』と言われている」そうで、前回話題を呼んだ津軽弁のセリフもほぼ封印。さらに「髪型もちょっとキリッとなり、前回はワンピースタイプだったナース服もパンツタイプに変わりました。また、自分の意志を伝える場面も多く、オペ看を任せてもらえる機会も増えています」という。

2年の時を経て、「前回よりもさらに『たくましくさ』を出して演じたい!オペでの器械出しもスムーズに、失敗しないようテキパキとこなして、憧れの大門先生にしっかりついて行きたいです」と宣言する今田。正子にも通じる熱量をもって『ドクターX』続投に臨む彼女の、進化した芝居に期待したい。(modelpress編集部)

◆今田美桜(大間正子・役)コメント全文

前回のラストで、正子は実家がある青森に帰った設定だったので、まさか続投できるとは思わなくて!本当にビックリすると同時に、また皆さんとお会いできることが、すごくうれしかったです。

撮影は相変わらず緊張します(笑)。今回は初日から『ドクターX』オールスターの皆さんが集結していたこともあって、さらに緊張しました。その一方で、初日から大門未知子先生の「私、失敗しないので」を聞けて、「『ドクターX』だぁ!また聞けたぁ!やっぱりカッコいいなぁ」と興奮しました。米倉涼子さんとは現在CMでも共演させていただいていますが、CMの撮影は別々だったので、実際にお会いするのは前回の『ドクターX』以来2年ぶり。久々の再会なので、初対面のときと同じくらい緊張していましたが、気さくに「久しぶり!」と声をかけてくださって、ホッとしました(笑)。患者さんを思う気持ちが誰よりも強い大門先生同様、米倉さん自身もとてもカッコよくて優しい方です!

今回、正子は東京にも少し馴染んで、後輩もできるなど、さらに成長しています。監督からは「都会感を出してほしい」と言われていて、セリフも津軽弁が多かった前回と違って、ほとんど標準語。髪型もちょっとキリッとなり、前回はワンピースタイプだったナース服もパンツタイプに変わりました。また、自分の意志を伝える場面も多く、オペ看を任せてもらえる機会も増えています。なので、前回よりもさらに「たくましくさ」を出して演じたい!オペでの器械出しもスムーズに、失敗しないようテキパキとこなして、憧れの大門先生にしっかりついて行きたいです。「看護師として成長したい!」という思いが強まっている正子を、私自身も頑張って演じますので、ぜひ楽しみにしていてください。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/8 5:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます