松嶋菜々子、Matt化メイク挑戦「考え抜かれているな」テクニックに関心

【モデルプレス=2021/09/08】女優の松嶋菜々子とモデルで音楽家のMattが、9月8日オンエアスタートの新CMで共演。松嶋がMatt化メイクに挑戦した。



◆松嶋菜々子がMatt化メイクに挑戦

2人が出演する新CMは「メイクアップ」篇、「サイドカー」篇の2バージョンをオンエア。「メイクアップ」篇では松嶋がなんと、Mattが監修した「Matt化メイク」に挑戦する。

撮影前の打ち合わせでは、松嶋に対し「こんなメイク普段しないのに…申し訳ないです」と「Matt化メイク」をすることを緊張しているMattだったが、対する松嶋は「メイクで別人になれるのが楽しみ!」と笑顔。不安と期待が入り交じった空気が流れるなか、撮影が始まった。

そして、撮影が進み、松嶋の「Matt化メイク」が出来上がると、Mattはじめ、撮影スタッフからもその完成度の高さに、思わず驚きの声が。

監修したMattに松嶋のメイクを見た感想を聞くと「僕の顔が2つある!お姉さんという感じでした」とご本人も納得の出来だったよう。

女優さんの顔にメイクするなんて…と終始緊張していたMattをよそに、「全く予想していなかったことにチャレンジできて、とても嬉しかったです(笑)」と、初のMatt化を最初から最後まで楽しんだ松嶋。

「私ってわかってもらえるといいな」と松嶋が心配するほどの出来栄えとなった「Matt化松嶋菜々子」にも注目だ。

◆松嶋菜々子、バイクに跨るMattを絶賛

「サイドカー」篇では、撮影前に使用するサイドカー付きのバイクを下見する松嶋とMatt。「サイドカーって初めて見ました!」というMattに、松嶋も「最近、なかなか見ないですよね、かっこいい!」と応え、2人とも撮影が始まる前からバイクに興味津々のようだった。

Mattに促された松嶋は、過去に中型バイクにも乗っていたこともあり、慣れた様子でバイクに跨る。「サイドカーがあると安定感がありますね」と乗り心地を確認する松嶋の姿にMattも「かっこいい~」と声をあげていた。

松嶋に続き、「バイク乗るの初めて~」と恐る恐るバイクに跨ったMattだったが、今回の衣装の雰囲気も相まって、まるで普段から乗っているようにピッタリとマッチ。そんなMattの姿に松嶋は「すごい似合ってますよ!そのままフィギュアで置いておきたい(笑)」と、大絶賛していた。

メイキングでは、ハードボイルドな衣装とマッチしたバイクに跨る松嶋と、衣装とバイクとの相性がばっちりと合ったMattも要注目。(modelpress編集部)

◆松嶋菜々子&Matt、インタビュー

Q.初めての共演を終えての感想はいかがでしたか?

Matt:普段緊張しない性格なのですが、松嶋さんと共演となると本当に緊張してしまって。どうなるのかな、と。お会いしたらすごく優しくて、気さくにお話してくださったので、安心して撮影することができました。ここまでビッグな女優さんと普段なかなか共演する機会がないので(笑)。番宣とかで女優さん、俳優さんと会う機会があるのですが、松嶋さんとは初めましてでしたので今回すごく緊張しました。「緊張しなくていいよ~」とか「リラックスして」など声をかけられたりお話のなかで美容など色々なお話ができた時に、少しずつ距離を縮められたのかな、と思います。

松嶋:一番始めの撮影で、やることと、セリフがあったので、また体勢などの指示も受けていたので同時にやることは大変なことなのですよね。でも(Mattは)色々と質問をしたり、リハーサルやりたいです、であったりをちゃんと仰っていたので、すごく肝が据わっているといいますか、しっかりやられてて、頼もしいなと思いました。

Matt:嬉しいです(照笑)。お芝居は本当に初めてで、それも不安だったのですがそこもサポートしていただいて、引っ張っていってくださった感じがして。あとは、お芝居を目の前で見れるということも、とても感動しました。ドラマなどすごく見ていたので、少し長いセリフなどがあると、こんなに長いセリフを言えるんだ!とそこに感動してしまうことがあります。僕だったら2行ぐらいしか覚えられない(笑)。あとはニュアンスを監督がちょっと一言、言っただけで、全然違うお芝居になるというのは見ててすごいな、と思っていて。これだけ自分のなかにレパートリーがあって、キャラクターがあって、できるんだな、とすごく感動しました。

松嶋:私もすごく緊張していたんですよ。世界観にどうやってハマっていけばいいのか、それを監督との指示で、探り探りやっていたので。ドラマと違って何度でも撮影できるので、やりながら、指示を受けながら演技をしようと、楽しんでやろうと思っていました。なによりもMattさんが、最初のカットで私の顔に筆でメイクを塗らなくてはいけない、ということが私が他の俳優さんにメイクをするのにも、すごい緊張するのに、失敗はいけないとか。私ももし、演技で叩かなきゃいけないとかある時は、すごい緊張するんですよ。手を触るとか。なので、このシーンから撮ることは酷だろうな、と思いながら(笑)。

Q.松嶋さんにメイクをした感想はいかがでしたか?

Matt:本当に恐れ多くて。よくバラエティ番組で芸人さんとかにメイクをする機会があるのですが、芸人さんはスキンケアとか普段やってなくて、今日だけ綺麗にしてください、というパターンが多いのですが、ここまでお綺麗で、そこに僕のメイクをするというのが本当に緊張してこの企画をやらない方がいいのではないかと、思って(笑)。こんなことをしていいのかなと。あとは、このCMが放映されたときに、どのようなフィードバックがあるか、本当に恐ろしかったのですが(笑)。でも、メイクして衣装を着て、鏡を一緒に見た時に、あっ意外とハマったと言いますか、僕の顔が2つになっていて(笑)。お姉さんという感じでした。すごい面白かったですね。

松嶋:最初、カラコンまで入れたので。あまりカラコンをいれての仕事はないので、楽しんで別人になろうと。楽しんでメイクテストなどもしていました。最初はやはり、やったことがないのでビックリしたのですが、本当にセリフにあったように見慣れてくると、だんだんナチュラルに感じるようになってきてしまって(笑)。今回、メイクをMattさんがこのようにします、とご指導の下にやっていただいたのですがウィークポイントを本当にカバーするようなテクニックなのですね。考え抜かれているな、とすごく感心しました。

Q.CMのようなメイクは初めてでしたか?

松嶋:初めてです(笑)。

Matt:そうですよね(笑)。僕も見たことないです。松嶋さんの濃いメイクというのを。

松嶋:本当に楽しかったです(笑)。やはり、別人になるということがワクワクすることなので。なかなかチャレンジする機会が少なくなってくるんですよね。年を重ねていくと。今回、こういったお話をいただけて、全く予想していなかったことにチャレンジすることができて、とても嬉しかったです(笑)。

Q.CMの企画を聞いた時の印象は?

松嶋:企画を最初に見て、面白いなと思っていて。最初、片面だけメイクという話になっていたので、どういう状態なのだろうって(笑)。(みなさんが)どのような反応でくるんだろうと。まだ企画が固まってなかったのですが、おまかせしました。面白いCMを作ってくださるということで。企画に乗っていこうと思いました。

Q.お互いの印象を一言でいうと?

Matt:『美』です。

松嶋:ありがとうございます(照笑)

Matt:本当にお美しくて。この女優肌をこんな間近でみれることはないと思って。お芝居もですが、色々な面で感動しました。色々な美しさがあると思うのですが、本当に松嶋さんは自然体ですっといれる、ということそのなかでも、色々なキャラクターを演じることができる、ということは素晴らしいなと思って。表情をはじめ、監督から松嶋さんへ多くの指示があったのですが、(色々な指示のなか)そのなかで、美しさを保てているのは素晴らしいなと思いました。

松嶋:テレビで拝見している時から、お話もしっかりしていて、すごく関心していました。実際お会いして、すごく…インパクトのある容姿をされていて(笑)。興味があるといいますか、職業が違うのでなかなかお会いする機会がなかったのですが、実際にお会いしたら、スタイルも良くて、お顔も小さくて、本当にお人形さんみたいだな、と思いました。(メイクの)完成度が高いなと。手も本当に綺麗で、美しい手をしているなと思いました。

Matt:嬉しい~。

松嶋:あと、エレガントですよね。手の動きなども。お美しいですよ。本当に。

Q.撮影中にメイクのことを話していましたか?

Matt:お化粧を(松嶋さんは)普段からやらないということで、色使いであったり、アイシャドウやリップを色々試してみたいということだったのでいつか、またメイクする機会があれば、松嶋さんに合うアイシャドウやリップを試していただけたらなと、という話をしていました。いつか僕の家に来ていただいてという機会があれば嬉しいなと思っています。

松嶋:頼りがいがあるんですよね。美に対して研究されてたりと自信があるので、Mattさんのなかでこれが美しいという形がしっかりしているので。息子のような年齢なのに美に関しては頼りたくなるといいますか(笑)素直に意見を聞きたくなるな、と。先生という感じです。

Q.深夜に食べたくなるお料理は?

Matt:深夜かぁ…。松嶋:お料理ですよね。ポテトチップスとか食べてしまうんですよね(笑)。

Matt:どこにいっても同じこと書いている気がしますが永遠に言っている『からあげ』です(笑)。

松嶋:からあげ、大好きですね(笑)。

Matt:揚げ物がやめられなくて、そのなかでも『からあげ』が大好きで。先ほど、松嶋さんのスタッフの方から、からあげ粉をいただきまして。そんなに、からあげが好きならこれをどうぞ、とおススメのパウダーを頂きました。

松嶋:『冷麺』です。ツルツルッと食べたい時に、ラーメンだとちょっと重たいかな、と。『冷麺』だと麺が豆なので軽いので。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/8 4:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます