毎日一緒にお風呂?!仲良し夫婦の「ナチュラルなイチャイチャ術」がすごい

世の中には、ギクシャクしてそのまま離婚する夫婦もいれば、いつまでもラブラブな夫婦もいます。
いつまでも仲良し夫婦で居続けるためには、日頃からスキンシップをとることが重要です。

今回は仲良し夫婦のナチュラルなイチャイチャ術を4つご紹介します!

(1)毎日一緒にお風呂に入る



仲良し夫婦は、結婚後も毎日一緒にお風呂に入ります。
その日の疲れや汚れを一緒に落とせるのは、有効なスキンシップの1つのようです。

毎日は難しくても週に一度、曜日を決めておこなってもいいでしょう。



(2)いってきますとおやすみのチューはかかさない



キスは、手軽にできる愛情表現の1つです。
イチャイチャする理由は、お互いが「愛されている」と感じたいからなので、キスをする習慣をつけるといいでしょう。

いってきますとおやすみのチューは、比較的取り入れやすいのでオススメです。

(3)リラックスタイム中のハグは幸福感がすごい



ソファやベッドでゴロゴロしている時、自然とハグできる夫婦はいい関係といえるでしょう。
リラックス中のハグは、普通のハグとは違った幸福感を味わえます。

日常的にお互いの体に触れることを意識すれば、気持ちが冷めにくいですよ。

(4)隣同士になると無意識に手をつなぐ



隣同士に座ったり、並んで歩いたりすると、無意識に手をつなぐ夫婦がいます。
カップルみたいで恥ずかしいと感じるかもしれませんが、「恋人時代の気持ちを忘れない」ことが重要です。

仲良し夫婦は、結婚後も気持ちが冷めないようにいろいろと工夫しているんですね。


仲良し夫婦は、いつまでも良好な関係でいるために、さまざまな工夫をしています。
「私たちはそういうタイプじゃないから……」と避けるのではなく、何か1つでも継続的にイチャイチャができれば、夫婦としてさらに上手くいきますよ!

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/7 21:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます