Sexy Zone中島健人×小芝風花「彼女はキレイだった」最終回一部生放送決定

【モデルプレス=2021/09/07】Sexy Zoneの中島健人と女優の小芝風花がW主演を務めるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ「彼女はキレイだった」(毎週火曜よる9時~)が、14日の最終話で一部生放送を行うことが決定した。

◆「彼女はキレイだった」最終回で一部生放送

同ドラマは、さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)という真逆の成長を遂げた二人の“すれ違う初恋”の行方を描く、この夏一番の胸キュンラブ・ストーリー。

ファッション誌「ザ・モスト」を救うための起死回生の一手として取材交渉を進めてきた謎の作家・楠瀬凛の正体、それは樋口(赤楚衛二)だったことが明かされた第9話。記事を掲載すれば話題になることは間違いなく、「ザ・モスト」の存続も夢ではない。

しかし、正体が明らかになったら楠瀬凛の生活が一変してしまうことに悩んだ末、宗介は掲載を見送ることを決める…。そして、文講グループ会長の息子で文講出版の副社長に就任したのは、「ザ・モスト」編集部員・宮城文太(本多力)だった。

サプライズ連発からいよいよ衝撃の最終話を迎える。最後までみどころの多い最終話では、一部生放送も決定。「ザ・モスト」は廃刊となってしまうのか、編集部員たちはどうなってしまうのか、宗介と愛の小さなうそから始まった愛の行方に注目だ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/7 22:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます