シャープマスクを店で買いたい 70回に達した抽選販売は変わらないか

拡大画像を見る

シャープ(大阪府堺市)のマスクは、2021年9月8日で抽選70回目を迎える。20年4月にスタートしてから、これまで毎週抽選を続けてきた。

ただ現段階で、ドラッグストアといった店では購入できない。J-CASTトレンドは、同社広報に今後の販売方法について取材した。

店頭販売を望む声

シャープのマスクは日本製で、「ふつうサイズ」と「小さめサイズ」がある。標準タイプに加え、2021年6月には抗菌タイプも登場した。バリエーションが増える中、最近ツイッターには、薬局でも手軽に買えるようにしてほしいといった、店頭販売を望む声がちらほら上がっている。

実際にその予定はあるのか。シャープ広報は、

「現在のところ、予定はないですね」

と回答した。

シャープマスクの抽選は、一度応募すれば次回以降も自動で応募対象となる。マスク不足が解消された今、抽選に頻繁に当たるようになった、との声もあがっている。広報によると、

「買う、買わないは当選された方の選択の自由ですので、当選しても買われない方はいらっしゃいます」

と認識していた。それでも、「抽選販売をやめることは、しばらくはないかと思います」。ひとつの販売形態として、今後も続けていくとした。

確実に入手できる手段が

ただ、シャープでは抽選販売以外にも、「マスク定期便サービス」を提供している。同社広報も、「実際の店頭では販売していませんが、すぐに欲しい方は定期便がございます」と説明した。これなら抽選なしで、月1回マスクが自宅に届く。送料は無料だ。

申し込みから発送まで、若干時間がかかるため、店頭のように「今すぐに手に入る」わけではないが、確実に入手できる手段ではある。今年2月からは、三重県多気町のふるさと納税の返礼品として不織布マスクが採用されており、こちらからでも入手は可能だ。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 9/7 19:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます