倉科カナ、ジャンポケ斉藤と久しぶりの共演に「なんだか同志のように思ってます!」

拡大画像を見る

6日に公開された、人気チョコレート菓子「ブラックサンダー」のWebCM「黒雷探偵事務所~怪盗ブラックを追って~」で共演した倉科カナと斉藤慎二。同CMは、斉藤演じる「黒雷探偵事務所」のボスと倉科演じる美人助手・琲子が“怪盗ブラック”の正体を追う全7エピソードの動画シリーズとなっている。この日は「ブラックサンダー 新WebCM発表会」も行われ、CM同様に息の合ったかけ合いを見せていた。

倉科は、同日に更新したInstagramで斉藤との2ショットを披露し「クスっと笑える面白い世界観なのでちょっと覗いてみてね」と記している。イベントでも触れていたが、実は2人の共演は2008年に放送されたコント番組『コンバット』(フジテレビ系)以来およそ13年ぶりだという。共演期間は数か月だったが、同じくデビュー間もない新人芸人たちで構成された同番組は彼女にとってひときわ印象深かったのであろう、「斉藤さんとはデビュー当時、コント番組のレギュラーで一緒で、そこからお互い別々のフィールドで頑張ってきて」「時を経てまた一緒にお仕事出来るのがとっても嬉しい」と喜びを爆発させていた。

写真では斉藤の肩を抱き満面の笑みを見せる倉科の姿もある。フォロワーからは「最高の笑顔」「お二人ともむちゃくちゃ素敵です」と称賛の声が寄せられる一方、あまりの仲良しぶりに「俺も肩組んで欲しい」「うらやましすぎる」と斉藤に嫉妬するファンも多いようだ。

斉藤の存在を「なんだか同志のように思ってます!!」と明かした倉科。番組終了後はNHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』のヒロインに抜擢され、現在に至るまで数多くのドラマや映画で熱演を見せてきた倉科と、お笑いトリオ・ジャングルポケットとして多くのバラエティを盛り上げ、ミュージカルやドラマなど俳優活動にも力を入れてきた斉藤。新人時代を共に闘ってきた2人の絆は特別なもののようだ。

画像1、3枚目は『倉科カナ 2021年9月6日付Instagram「ほろ苦いココアとチョコレート」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

関連リンク

  • 9/7 14:40
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます