熊田曜子「心配かけた」と生配信で謝罪 泥沼離婚騒動「厳しい、胸に刺さる言葉もあった」

拡大画像を見る

 タレントの熊田曜子(39)が7日午後1時から、YouTubeチャンネルで生配信を行い、離婚騒動後、SNSを配信出来なかったことに「ご心配をおかけしてすみませんでした」と謝罪の言葉を述べた。時間にして3分弱の生配信の最後には「熊田曜子をよろしくお願いします。どうもありがとうございました」と頭を下げた。

 白い清楚な長袖ブラウス、髪は後ろで一部をまとめた清楚なスタイルの熊田は神妙な表情で「このYouTubeチャンネルの配信も久しぶりになりました。他のSNSも数カ月時間が空いてしまいましたが、その間、ご心配をおかけしてすいませんでした」と謝罪した。

 5月に離婚騒動が発覚。熊田が夫のDVを通報し、夫は現行犯逮捕されたが、その後釈放。熊田側は代理人の弁護士をたてて離婚協議に入ると表明した。その後、夫側が週刊誌に、DVについて否定するなど反論。“証拠”とする音声データの内容も週刊誌で報じられるなど、泥沼の離婚騒動に発展している。

 熊田のYouTubeチャンネルの投稿は6月8日を最後にストップしていた。

 離婚騒動勃発から3カ月半。この間、熊田は自身のSNSなどにさまざまなメッセージが寄せられたことに触れ、「中には厳しいお言葉もあったりとか、胸に刺さるような言葉があったり。ちょっと考えなきゃいけないなと反省したこともありました」と明かした。

 熊田は今月5日、「関西コレクション」に出演。離婚騒動後初となるイベントで、金色のビキニ姿で登場し、会場を沸かせていた。

関連リンク

  • 9/7 13:22
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 別に他人の離婚に興味は無いかなあ~🌸🌸

記事の無断転載を禁じます