フジ新人女子アナが「ナイト・ドクター」でドラマデビューしていた!

 期待の新人が月9ドラマに出演!? 9月6日に放送された「ナイト・ドクター」(フジテレビ系)に同局の新人女子アナが登場し、視聴者が驚いたようだ。

 今回の第10話ではドラマの舞台となる神奈川県に台風が上陸し、病院一帯が停電に。非常用電源で治療を続けるなか、次々と患者が運び込まれてくる場面が描かれていた。そんななか、どのシーンに新人アナの出番があったというのだろうか。

「主人公で医師の朝倉美月(波瑠)はこの日、非番のため自宅で待機。テレビで台風情報を観ていると停電で部屋が真っ暗となり、急きょ非番を返上して病院に向かうことにしました。この時、報道番組の天気予報を担当していたのが、新人の小山内鈴奈アナだったのです」(女子アナウォッチャー)

 小山内アナは「NEWS FIT」なる報道番組にて、「台風5号は午後7時前に三浦半島付近に上陸し、強烈な勢力で北上中です」と台風の状況を説明。画面に映っていたのはほんの5秒ほどだったが、カメラが朝倉を映している最中も天気予報の音声だけは流れ続け、出番は25秒ほどにも及んでいたのである。


「小山内アナらフジテレビの新人アナたちは7月から報道番組『Live News イット!』にフィールドキャスターとして出演中。ドラマでの『NEWS FIT』は同番組をもじったものでしょう。ともあれ画面の中だけとはいえ、今年デビューしたばかりの新人アナが同局の看板ドラマである月9に出演を果たしたのは大抜擢といえそう。フジテレビが今年の新人に大きな期待を寄せている様子が伝わってきました」(女子アナウォッチャー)

 ドラマ「ナイト・ドクター」も残るは9月13日放送の最終話のみ。そこには小室瑛莉子アナ、竹俣紅アナ、山本賢太アナら他の新人アナが登場するのか、もうひとつの見どころにも注目したいところだ。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/7 11:20
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます