女友達に紹介したときに幻滅した彼氏の行動9パターン

彼氏ができると、女友達に紹介したいと考える女性は多いと思います。しかし、友達に紹介したときに彼氏がとった行動次第では「紹介しなければよかった…」と彼女をガッカリさせてしまうことがあるかもしれません。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「女友達に紹介したときに幻滅した彼氏の行動9パターン」をご紹介します。

【1】簡単な自己紹介やあいさつができない。
「マナーとしてするべき! できないと社会人としても微妙…」(20代女性)と、最低限の自己紹介やあいさつができない彼氏に対して、恥ずかしいと感じるようです。たとえ緊張していたとしても、名前ぐらいは自分から言えるようにしましょう。

【2】無愛想に、友達を足元から顔までジロジロ見る。
「友達を品定めしているエロオヤジみたい」(10代女性)と、いやらしく感じる目線はやめてほしいと強い要望が女性から寄せられました。無意識にしている場合もあるので、常に彼女を見ておくようにすると誤解されずにすみ、ラブラブな関係もアピールできるでしょう。

【3】友達を見て、「ふぅん」と鼻で笑う。
「私の友達をバカにされた感じでムカつく」(10代女性)と、怒りがこみ上げてくる女性が多いようです。彼女だけでなく、その友達も傷つける可能性があるので、彼女の友達を鼻で笑うのはもちろん、コバカにする発言も避けたほうがいいでしょう。

【4】友達が話しかけたのに、「はい」「いいえ」でしか答えない。
「友達と彼氏両方に気を使ってしまいそう…」(10代女性)と、会話が弾まないことにあせってしまうようです。彼女の友達に紹介されるのが乗り気じゃなくても、彼女の株を落とさないためにも、雑談くらいはするように意識したほうがよさそうです。

【5】二人のときと違い、いきなりカッコつけた態度をとる。
「プライドが高いことが垣間見えて、逆にカッコ悪く感じる」(20代女性)と、彼氏の態度の変わりようにシラけるようです。友達といる前だけでカッコつけても、いつかはボロが出るもの。カッコつける場合は彼女の前だけにしたほうがボロが出ても「かわいいな」と思われるくらいですむかもしません。

【6】いきなり友達を呼び捨てにするなど、タメ口でえらそうな態度をとる。
「いくら私の友達でも、礼儀ってあると思う」(30代女性)というように、上から目線の態度や言葉は、友達に対して申し訳なく思うようです。最初は、ていねいな言葉を使ったり、あだ名や「さん」づけで呼ぶように心がけましょう。

【7】友達の連絡先をいきなり聞き出そうとする。
「チャラすぎ! 友達に用があるとしても私を通せばいいだけなのに…」(20代女性)と、軽い行動にショックを受けるようです。彼女の友達と直接やりとりをする必要がないなら、連絡先の交換はしないほうが彼女に変な誤解をされずにすむでしょう。

【8】友達と話が盛り上がりすぎて、彼女である自分をそっちのけ。
「気が合うことはうれしいけど、私より仲よくなりすぎないか不安」(10代女性)と、盛り上がりぶりに、彼女は少し複雑な気分になるようです。彼女の友達と意気投合しそうになったら、彼女を含め、その場にいる全員が加わることができる話題を選ぶと、楽しく過ごせるでしょう。

【9】「お前が一番かわいいな」と友達に聞こえるように言う。
「友達に失礼だし、この状況で『かわいい』と言われてもうれしくない!」(10代女性)と、彼氏の無神経さにガッカリするようです。彼女が一番だと改めて感じたとしても、その場では口に出さず、二人きりのときに伝えてあげると、彼女も喜ぶでしょう。

ほかにも、女友達を紹介されたときに、彼女に幻滅された行動があれば、教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(宮平なつき)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/7 10:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます