松本人志「現役引退」が20年延びた!?さんまも6年延長、「つるはし事件」たけしも秒読み!?大物芸人「令和リタイアラッシュ」到来!

拡大画像を見る

 ダウンタウンの松本人志(57)が9月5日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、自身の引退時期に言及し、話題を呼んでいる。

 この日の番組では放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会が8月25日、「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティ」について審議対象とすると公表したことを取り上げた。

 松本は「ルールがあって、そのルールのギリギリを攻めて面白くしたい」と語った一方、「前にOKだったことが、今度それもダメってなると……どこまで行くのかな」と首をかしげた。

 フジテレビの佐々木恭子アナウンサー(48)から「気になりますか?」と問われると、松本は「僕はね、僕は本当にいいんですよ。数年で辞めるんで」と衝撃コメント。さらに「本当に本当に……数年で辞めるよ。辞めます、辞めます」と続けた。

「松本さんは1994年出版の著書『遺書』(朝日新聞出版)で“40歳での引退”を示唆していました。でも、日本のお笑い界、バラエティ界の中心に立つダウンタウンの松本さんにあっては、それは現実的ではなかった。ただ、今回の『ワイドナショー』での“数年で辞める”発言はかなりリアルに聞こえましたよね。

 今回、番組で取り上げた“痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティ”というのは大みそか恒例の日本テレビ系特番『絶対に笑ってはいけない』シリーズのことを指しているのでは、と噂されていますが、松本さんは数年前から『笑ってはいけない』を本気で嫌がっていましたからね」(制作会社関係者)

『笑ってはいけない』は2020年大みそかの放送で15年目を迎え、「国民的番組」や「大みそか恒例特番」とも言われるような存在になった。

「ただ、松本さんはマンネリを嫌いますからね。実際、数年前までは松本さんもやる気を失っているように見えたし、実際に番組の中身もダレていた印象でした」(前同)

『笑ってはいけない』に対しては、視聴者からも「そろそろネタ切れでは?」「毎年同じことの繰り返しで飽きた」といった声が寄せられていた。

「しかし、2019年からは『行列のできる法律相談所』『世界一受けたい授業』『有吉反省会』などを手掛ける日本テレビのエース演出家・T氏を総合演出に迎え、大幅なテコ入れを断行。以降は松本さんもやる気になっていたという話もありました。ただ、『ワイドナショー』のコメントから考えても、『笑ってはいけない』の限界や、数年後の身の振り方などもいろいろと思い描いているのかもしれません。あと約2年で還暦ですからね……」(同)

■“つるはし襲撃”のビートたけしは次の映画が集大成に?

 大御所芸人の引退といえば、ビートたけし(74)についても、その時期がメディアで取り沙汰されることが少なくない。

 9月4日深夜、たけしが乗車している車がつるはしを持った男に襲撃を受けたという報道も大きく報じられた。逮捕された40代の男は、過去に弟子入りを志願したものの無視されたために犯行に及んだという。

「現在も弟子入り志願が絶えないたけしさんですが、2018年春の独立以降、数々の騒動が報じられたほか、その周囲からはどんどん人が離れていっています」(前出の制作会社関係者)

 8月27日の『デイリー新潮』では、たけしの元で10年ほどマネージャーを務めた男性が8月末で退社すると報じている。

 男性は3年前の「オフィス北野」からの独立騒動の際にも、たけし本人から「マネージャーを務めてほしい」と声がかかったほどの人物で、たけしの新会社「T.Nゴン」でも役員を務めていたという。

「9月6日の『日刊ゲンダイDIGITAL』によると、襲撃された当時、車内にはたけしさんと運転手の2人だけ。局内に帯同する弟子もいなかったといいます。そんな状況でもあり、期せずして、今がたけしさんの芸能生活の集大成になりつつある、という声もあります」(前同)

 そんなたけしだが、現在は2017年公開の映画『アウトレイジ最終章』以来、4年ぶりとなる新作映画の撮影中だという。映画は、2019年に自身が執筆した歴史小説『首』(角川書店)が原作の時代劇になると言われている。

「西島秀俊さん(50)や浅野忠信さん(47)といった実力派俳優が多数出演する戦国物になるといいます。ただ、単純な戦国物ではなく、男と男、男と女の人間関係を深く描いていく作品になるそうです。ただ、たけしさんの新作映画への期待は高まりますが、テレビに関しては需要がなくなりつつあるという見方もあります。

 テレビ不況が叫ばれる中にあって、たけしさんは現状のギャラでも高額。にもかかわらず、独立の際には、さらに“ギャラを上げてほしい”という交渉もあったようで、テレビ局サイドも参っていたといいます。また、たけしさんでは、今、各局が求める13歳から49歳までの視聴率、“コア視聴率”は期待できない。ギャラがバカ高くて求める数字が取れないとなると、各局の“たけし斬り”というのも十分に考えられる状況です。

 たけしさん自身もそれを肌で感じていて、テレビではなく、映画を自身の芸能生活の集大成にしようとしているのかもしれません」(芸能プロ関係者)

■「60歳引退宣言」から6年――お笑い怪獣・さんまにも陰り

 明石家さんま(66)は「60歳での引退」を示唆していた。

 2011年放送の『さんまのまんま』(関西テレビ)にゲスト出演した千原ジュニア(47)から「引退を考えたりするんですか?」と尋ねられると、さんまは「60歳」と語った。以降、週刊誌やスポーツ紙などで「さんまの引退説」がたびたび報じられるようになった。

 さんまは2020年6月放送の『行列のできる法律相談所』に出演した際、「ファンがもっと少なくなったら辞めようと思っている」という考えから、60歳で引退をしようと考えていたとあらためて語った。

 しかし、周囲から「落ちていくところが見たい。今辞めるのはカッコよすぎる」と言われて「引退を辞めた」と説明。そして、「次に辞めるのは65歳やなと。(65歳の誕生日まで)あとひと月。でも、そういうチャンスも失った」とコメントした。

「7月1日には66歳を迎えたわけですが、まだまだ引退という感じはありませんよね。ただ、さすがのさんまさんの瞬発力にもここ最近は陰りが出てきているといいます。さんまさんといえば、収録番組でも“ライブ感”を重視し、60分番組であれば60分で収録を終わらせるような人でした。

 ただ、今では“あれやあれや”となかなか言葉が出てこないこともあるそうです。さんまさん自身もそんなに長く続けていくつもりはないのかもしれません」(前出の芸能プロ関係者)

 たけし、さんまとともに“お笑いBIG3”として長年テレビで活躍していたタモリ(76)は、2014年3月に『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終了してからは第一線を退いた印象だ。

「現在は週1回の生放送『ミュージックステーション』と、ライフワークとも言える『タモリ倶楽部』(ともにテレビ朝日系)、『ブラタモリ』(NHK総合)に出演しているほか、たまにCMに出演する程度ですから、“現役バリバリ”という感じでもないですよね。

 また、松本さんの相方の浜田雅功さん(58)も、番組でイジられるほど“老い”が深刻化しているようですね」(前出の制作会社関係者)

■浜田雅功は番組でイジられ&妻が心配するほど“老い”が深刻化?

 2月14日の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)では「緊急企画! 57歳浜田雅功老い老い裁判!」が放送された。

 番組では、街中でのロケ中、小さな段差につまずいたり、ガードレールに激突したり、簡単なゲームのルールを理解できないなど、浜田の衰えの数々が指摘された。

 また、妻でタレントの小川菜摘(58)も2017年4月放送の『特盛!よしもと』(読売テレビ)に出演した際、浜田について「今はもう、大人しい初老のおじいちゃん。老いがひどくて」と明かしており、自宅で水を取りに行くはずがトイレに入ってしまい、「俺、小便したくないのになぁ。あ、俺、水を取りに来たんや」と話していたというエピソードを披露している。

「それでも、番組の進行などの肝心な部分はしっかりしています。しかし、思わぬところで“大丈夫?”と思うような場面もある。だからと言って、浜田さんについてはすぐに引退ということはないのではないでしょうか。

 ただ、以前から“上が詰まっていて世代交代がなかなかできない”と言われてきたお笑い界ですが、あと数年のうちに大御所トップ芸人が立て続けに引退するというのは十分に考えられるでしょうね」(前出の制作会社関係者)

 令和の初頭、大御所芸人の引退が相次ぎ、お笑い業界の構造や力関係が大きく変わるのかもしれない――。

関連リンク

  • 9/7 7:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます