中居正広、フジテレビの年末特番を任された? 画策するは「新しい地図」との再会か

 東京オリンピックに続いて、日本人選手が活躍しメダルラッシュが続いているパラリンピック。嵐の櫻井翔と相葉雅紀はNHKのスペシャルナビゲーターに、「新しい地図」の草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾はIPC(国際パラリンピック委員会)の特別親善大使に就任しており、取材などで大活躍をしている。

「櫻井さんと相葉さんは、東京オリンピックから続けてNHKのナビゲーターを担っていますし、『新しい地図』のメンバーも、表彰式でプレゼンテーターを務めるなどして話題になりました。こうしたオリ・パラの活躍によって、櫻井さんと相葉さんはCM出演料が1.5倍に跳ね上がり、香取さんに関しては3倍にもなると言われています。『新しい地図』の3人は、香取さんを中心に大会前からさまざまなイベントに出席し、選手とも交流を持っていたことが各メディアで報じられ、注目度がアップしているんです」(民放関係者)

 元SMAPの3人が本格的な“復活”ともいえる活躍をする中で、今回のオリ・パラ“バブル”にうまく乗れなかったのが、中居正広だ。

「TBSは中居さんを五輪のスペシャルキャスターに起用する予定でしたが、最終的に局アナの安住紳一郎を就任させました。実は、ジャニーズ事務所が、中居さんは独立に関して不透明な部分があるからと去年の時点でキャスターを外すように要請していたとか。とはいえ中居さんは夏季・冬季をあわせて8大会連続でTBSの五輪キャスターを担当していましたから、視聴者からの問い合わせやクレームもあったようです。そこでTBSは、野球の準々決勝の中継に”スペシャルゲスト”として無理やり中居さんを生出演させ、お茶を濁した。これが好評だったようです。
 中居さんといえば、今夏にテレビ朝日系で放送した『中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!』でも司会をし、メダリストたちのトークをうまく回していましたから、TBSとしてはジャニーズに“忖度”しないで中居さんを使っておけばよかったと後悔タラタラのようです」(民放関係者)

 ジャニーズ事務所からの独立後、仕事が順調に回り始めている中居には、多くの注目が集まっているという。

「中居さんは独立したとはいえ、現在はジャニーズ事務所から斡旋された仕事がほとんどなのですが、一方、水面下で『新しい地図』の3人と合流する話も進んでいる。中居さんは独立後も、『新しい地図』のプロデューサーで元SMAPのマネージャーである飯島三智氏と会食の場をたまに持っていて、香取さんなど元メンバーが同席することもあるとか。とはいえ、『新しい地図』と本格的に仕事をすればジャニーズ事務所からの仕事を失くすおそれもありますから、慎重に調整をしているようですね」(民放関係者)

 いまだにジャニーズ事務所の顔色を伺っている中居だが、実は、徐々に立場は逆転していっているという。

「ジャニーズ事務所としては、関ジャニ∞の村上信五さんが司会業で伸び悩んでいることで、その先輩である中居さんの稼ぎに頼らないといけない部分もある。なので最近は、ジャニーズサイドも、『新しい地図』の仕事に絡んで稼ぎを取れないか、虎視眈々と画策している気配があるようです」(民放関係者)

 そこで、ジャニーズ事務所の強権のもと、“マル秘プラン”が進んでいるという。

「ジャニーズ事務所としては、自分たちの知らない所で中居さんと『新しい地図』が合流するよりも、そこに一枚噛んで歴史的な再会を演出したほうが儲かると考えたようです。そこで、SMAPの原点である『SMAP×SMAP』を放送したフジテレビで、どうにか4人を共演させられないかと考えているとか。
 現在、プランに上がっているのは、中居さんを司会に起用した大晦日の年越し番組です。今年はコロナの状況がどうなるか昨年以上に予測しづらく、フジお馴染みの年末の格闘技番組も放送できない可能性が高い。なので、中居さんを司会にして『新しい地図』と再会する番組を制作できれば、必ず話題にもなるでしょうし、渡りに船の申し出なんですよね」(民放関係者)

 木村拓哉はいないものの、かつて苦楽を共にした4人の再会がフジテレビで行われるのは、必然的な流れなのかも知れない。

  • 9/6 21:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます